無料視聴方法

【放課後ていぼう日誌】アニメ動画1話〜最終話を無料視聴する方法は?感想やモデル&聖地も!

放課後ていぼう日誌
\ 動画を無料視聴するならココ! /

配信サービス 配信状況 無料期間

U-NEXT

見放題
31日間無料
今すぐみる

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。

Animon
Animon
一話から最新話まで、無料視聴可能です!さらにU-NEXTならアニメ以外にも原作漫画も配信中&お得に視聴可能!

U-NEXTがおすすめな理由

  1. 31日間お試し無料期間あり
  2. アニメ取り扱い数No.1
    総作品数もダントツNo.1
    ※最新ドラマ・映画・書籍など ※2020年3月度
  3. 動画190,000本見放題!
    雑誌
    80誌以上が無料読み放題!
  4. 漫画購入は最大40%還元
  5. 付与ポイントで最新映画や漫画が無料に!
    お試し期間は600pt・継続すると毎月1,200pt付与

毎月マンガ購入や
映画レンタルする人は

\ 断然U-NEXTがお得!

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。

この作品を配信中の
\ 動画配信サービスをチェック /

配信サービス 配信状況 無料期間

U-NEXT

見放題
31日間無料
今すぐみる


FODプレミアム

見放題
2週間無料
今すぐみる


Hulu

見放題
2週間無料
今すぐみる

ABEMAプレミアム
見放題
2週間無料
今すぐみる


TSUTAYA
DISCAS / TV
×
配信未定
31日間無料
今すぐみる


dアニメストア

見放題
31日間無料
今すぐみる


Amazonプライム

有料
30日間無料
今すぐみる


NETFLIX

有料
無料期間なし
今すぐみる

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。

Animon
Animon
dアニメストアでは地上波先行単独配信中!最速視聴したいならdアニメストア。放課後ていぼう日誌の原作漫画はもちろん、雑誌や映画やドラマも見たいならU-NEXTがおすすめです!

放課後ていぼう日誌あらすじ

田舎に引っ越してきたばかり、初々しい感じが残る新入生鶴木陽渚が主人公です。彼女は手芸が好きでどちらかというとインドア派。

ある日、海沿いで、道を歩いていると、堤防の上でどこかフラフラしたような人影を見つけます。もしかしてこの暑さにやられてしまったのかそう思い近づくと、その女性は釣りをしていてこうなったといいます。

そして黒岩と名乗るその女性はなんと陽渚が通おうとしていた高校の先輩でした。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第1話「ていぼう部」

2020年7月7日 22時00分 放送

東京から田舎に引っ越してきた陽渚、彼女はインドアな性格で、田舎の荒々しい雰囲気に圧倒されていました。そしてそんな地域の学校に行こうとしていた陽渚ですが、部活動は自分の大好きな手芸に入ろうとしていました。手芸なら自分の好きなようにできるし、何より荒々しくないからです。

彼女が通学路を歩いていると、一人の女性が川付近でフラフラしているのを目撃しました。彼女の様子からして、熱中症か何かだと思いかけよる陽渚、そして陽渚が近づくと彼女は釣りをしており黒岩と名乗ります。そしてなんと彼女は同じ高校の先輩でした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

黒岩と出会い釣りをすることになる陽渚はタコを吊り上げます。足にまとわりつくタコに怖がる陽渚に、とってあげる代わりにていぼう部に入る約束をさせられる陽渚。黒岩の表情はかなり怖く脅迫に近い感じでした。

入学式後、断ろうとていぼう部を訪れた陽渚は昔知り合いだった夏海に出会います。夏海は陽渚と同じ1年でした。やめる前に1度釣りを経験しようと誘われ釣りに行く陽渚。今回はアジゴ釣りのようです。

最初は抵抗があった陽渚も、自身で釣り上げたことをきっかけに徐々に慣れていきます。その場で釣った魚を料理し食べる経験もし、すっかり楽しくなった陽渚はていぼう部に正式入学することを決めました。

感想はコチラ

ほのぼのアニメでした。都会育ちの陽渚なので、田舎の洗礼を受けます。都会と比べると田舎はとにかく自然の生物がたくさんいます。一番洗礼を受けたのが黒岩との遭遇だと思いましたね。黒岩はていぼう部部長なので、主に魚釣りが得意です。しかし陽渚は都会っ子、魚に免疫がありませんでした。

そして田舎に来て早々に黒岩にタコの頭の中身を見せつけられます。あまりの衝撃に陽渚が気絶していました。黒岩部長なかなかの癖の強さです。そしてていぼう部に入ることになった陽渚、初めての魚釣りは緊張感が感じられてよかったです。

初々しい感じが視聴者にとってもいい効果を出していると思いました。ていぼう部員の夏海とは同級生ということで、いい友達になれそうです。田舎でも陽渚はうまくやれそうで何よりだと感じました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第2話「リールとキャスティング」

2020年7月14日 22時00分 放送

陽渚は成り行きでていぼう部に入りました。部活で釣った魚を自宅に持って帰ります。それを見た両親は安心した表情を見せ魚を持って帰ってくることに期待を寄せます。田舎の生徒になじめるかどうか不安だったようです。

食べた魚はとってもおいしく、さらに部活に対するやる気が陽渚に現れます。翌日は体力測定。陽渚は運動が苦手なようでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

帰宅した陽渚は家族にていぼう部のことを話しました。陽渚がなじんでいる様子に両親は喜びます。学校の体力測定では、運動音痴の渚はダメダメでした。夏海に励まされ、ていぼう部に向かう二人。

部室に入ると黒岩先輩が。ていぼう部の伝統だというリール整理をお願いされますが、大野先輩が来てそんな伝統がないことが発覚します。陽渚に竿やリールのお礼をわたしその場を治める黒岩先輩。

部室の独特の雰囲気を味わう陽渚、そして早速釣りに行きます。釣り初心者の陽渚はさっそくみんなに釣りについて教えてもらいます。みんなかなり詳しく、竿の扱い方・リールの使い方・キャスティングの技術を教わります。今回はめっきり釣れません。最後夏海に大きな魚がヒットしましたが、逃がしてしまいました。まだまだ陽渚の部活生活は始まったばかりです。

感想はコチラ

東京から田舎に来て不慣れな生活を送っていた陽渚ですが、ていぼう部に入ってかなり慣れてきたようで、家族のみんなも安心していたのがよかったです。やっぱり子供の学校生活は気になるものだと思います。

そして学校生活ですが陽渚の運動音痴ぶりに笑いました。やっぱり陽渚は生粋の都会っ子という感じです。そして今回も釣りに行った陽渚ですが、かなり本格的な先輩たちのアドバイスを受けて、みていて大変勉強になりました。竿の動かし方にも技術があるようでした。そして釣りをやったのですが、結局吊り上げることはありませんでした。

釣りの厳しさを感じました。最後の巨大魚、結局取れませんでしたが、かなりガッカリしていたのがわかりましたね。でもこうやって陽渚が経験を積んでどんどん成長していく感じがいいです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第3話「マゴチ」

2020年7月21日 22時00分 放送

ていぼう部の先輩黒岩から、次釣りに行く魚はマゴチということを聞きます。ていぼう部活動を楽しみにしていた陽渚はそれを聞いて、ワクワクします。マゴチについてパソコンで調べると砂地に潜み、砂に擬態する魚のようでした。そして小魚を主食としています。

翌日、砂地の近くの海水浴場を拠点とするため向かうことになりました。ここで荷物が重すぎることに陽渚が気付きます。歩くには辛い重さです。すると先輩たちが何やら物を持ってきます。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

黒岩と大野の先輩二人が持って来たのは代々部活に伝わるリヤカー。これにより大きな荷物も負担なく運ぶことができました。現地に着くと早速釣りが始まります。

今回陽渚は糸の結び方や、ソフトルアーのつけ方を教えてもらいます。早速いっぱい釣ろうと意気込む陽渚ですが、マゴチはかなり大きい魚だという衝撃の事実を知り、ビビります。かなりの時間釣りをするていぼう部の面々、しかし中々マゴチは釣れません。

諦めかけたとき陽渚の竿に大きなヒットが、みんなの協力もあり大きなマゴチを釣りあげることができました。自分で釣ったものは自分で捌けといわれたもののどうしてもできず、仕留めることだけ陽渚がやることに。仕留めた感触がかなりショッキングだった陽渚でしたが、最後は皆で大野先輩のマゴチ料理を堪能。差し出された味噌汁の中のマゴチをみて再び意識が飛んでしまう陽渚なのでした。

感想はコチラ

ていぼう部の全貌が着々とわかってくる回でした。黒岩先輩はかなり威圧感がありますが、その分風格もあり、また釣りに関しての知識はかなりのもので、流石部長という感じです。

そして大野先輩ですが、とにかく何でもできます。釣りにおいてもマゴチを釣り時にその実力を凄い見せてくれましたし、魚を捕まえた後の料理まで、ほぼ完ぺきにやってくれます。本当に頼りになる先輩といえます。

夏海はやっぱり学年が陽渚と同じで、凄い親近感が湧いているのがいいです。性格も相性抜群で元気に騒げる仲です。そんな感じで陽渚はていぼう部でなんだかんだうまくやれているなと感じました。そして大物マゴチを吊り上げてまた一つ主人公の、陽渚の成長を感じられました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第4話「エギング」

2020年7月28日 22時00分 放送

ていぼう部の四人は駅で待ち合わせをし、電車に乗り買い物をしに行くことに。陽渚が帽子やアウトドア服を持っていなかったため、みんなで買いに行くことになったのです。

黒岩もヤッケを持っていたのですが、かなり地味で陽渚と夏海には可愛くないと散々な言われようでした。お店についた陽渚はさっそく女子高生らしい服装を探しに行きます。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

買い物に行き陽渚が購入した服はピンク色の服でした。お気に入りのようで本人もすごい喜んでいました。予算の都合で帽子を買えていなかった陽渚でしたが、帰りの道中で黒岩、大野、夏海の三人から帽子をサプライズプレゼントしてもらいました。凄い喜ぶ陽渚、心温まる話の中でも、夏海が「陽渚が部活をやめないようにするためというわけではない」という墓穴をほり、それにみんなが突っ込むなど和やかな雰囲気です。

別の日、ていぼう部が今回釣りに行くのはイカです。陽渚も釣りの楽しさを知ったのと、新しい服と帽子をもらったことでやる気満々でした。そこでエギングという技術を学びましたが、陽渚は今回ボウズ。釣ったのは大野先輩で、獲物がいそうな場所に狙いを定めて投げ込む姿が手練れそのもの。最後はおなじみの釣ったものでの料理を作っておいしくいただきます。

感想はコチラ

前半の買い物の話は心温まりました。黒岩は凄い振る舞いがおっさんという感じで、ヤッケを出した時も地味すぎて、これは都会人の陽渚のサポートが必要だなと感じました。そしてやっぱりお洒落なセンスでていぼう部のみんなとはちょっと違った感性を持っている陽渚、釣り用語の説明を受けたときも、表現を可愛くしたり、今回みたくピンクのアウトドア用の服を買ったりと、陽渚の華やかさが目立った回だなと感じました。

そしてみんなからの帽子のプレゼント、大変心が温まりました。今回のイカ釣りですが、大野先輩が大活躍でした。でっかいイカに対して巧みなエギングの技術で見事に引き寄せます。料理もできてなんだかんだ凄い有能で毎回びっくりします。今回もみんなのハツラツとした部活動に癒されました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第5話「潮干狩りと顧問」

2020年8月4日 22時00分 放送

イカ墨でウェアが汚れてしまったものの、汚れた時にすぐ夏海と大野先輩が対処してくれたおかげですっかり元どおりとなりご機嫌な陽渚。そもそもなんでていぼう部は制服を着ながら釣りをするのか聞くと、大野先輩曰く昔からジャージか制服を着て釣りをする習慣があるとのことでした。

ダサいジャージを着て釣りをするくらいなら制服を着たほうがましと思っていたところ、黒岩にとある場所に連れていかれます。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

向かった先は干潟で、早速ダサジャージを着ることになる陽渚。今回はここで潮干狩りを行うようです。土が凄いぬかるんでいて、陽渚は泥が汚くないかと抵抗のある様子です。からかう夏海から逃げていると、2人とも足が抜け出せなくなってしまいます。抜け出そうとするうちに結局、二人は泥だらけになってしまいました。黒岩には笑われたものの、陽渚は偶然ハマグリを見つけます。初めは泥に抵抗があった陽渚でしたが、泥のひんやりした感触に楽しくなっていました。

昨日の貝を実食しようと部室に集まる4人。砂抜きしておいた貝の様子を確認していると車で誰かがやってきました。慌てて貝を隠す先輩たち。

部室にやってきたのは顧問だという小谷先生で、普段は保健室の先生をしているといいます。隠した貝を見つけられても先輩たちはなかなか先生に貝の実食をすることを話ません。黒岩先輩は警戒している様子です。そんな中、何も知らない陽渚が小谷先生を誘ってしまいます。喜ぶ小谷先生、するとたくさんの酒を持ってきて、一気に酔っぱらってしまいました。

先輩たちが必死に隠していたのはどうやら、小谷先生の酒癖の悪さを身をもって知っていたからだったようです。陽渚と夏海は先生のペースに巻き込まれます。そして貝をほぼ一人で食べてしまい、荒らしに荒らして寝てしまいます。

貝を残していた大野先輩のおかげでゆっくり貝を堪能する4人。陽渚がたった一つの大きなハマグリを食べようとした時、起きた小谷先生が横取りしてしまいました。

あまりの急な出来事に陽渚は思わず硬直して白く固まりました。

感想はコチラ

前半は潮干狩りの話で、今回もいかにもていぼう部の部活動という感じがして、海の幸のきれいな映像を堪能することができました。潮干狩りはやっぱり土がぬかるんでいるので、身動きをするのさえ大変そうでした。そんな中ベテランの黒岩は涼しい顔をして、潮干狩りの動き方を知っているあたり流石だと感じました。一方新参組の陽渚や夏海は全く土壌に対応できずボロボロでした。でも楽しそうでこういう初々しい感じもいいなと思いました。

そして後半ですが、顧問の小谷先生が初登場です。この先生一見普通の先生で、保健室の担当もしているので、頼れそうだなと思いきや、かなり癖のある先生でした。酒を飲んで酔っ払った様子はまさに人災のようでした。これは黒岩も警戒するわけだと納得できました。みんなの貝を食べつくしたり、一年生組にダルからみしたりと、とにかくひどすぎましたね。今後の活躍が気になるところです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第6話「アジゴ」

2020年8月11日 22時00分 放送

アジゴのから揚げが食べたいと突然部室に現れたと思いきや、注文を付けてくる顧問の小谷先生。どうやら財布の中身はカラの状態で、おなかがかなりすいているといいます。

黒岩先輩はそんな小谷先生を見てアジゴは下処理が大変だからと断ります。しかし何かを思いついたようで、ビールを飲まないことを条件に了承。そして小谷、陽渚、夏海の三人で目的地に向かうことになります。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

三人が向かった店はタコひげという商店でした。店名にそっくりな店長は釣りのことに詳しく、さらに顧問の小谷や夏海のことも知っていました。アジゴの道具も揃えて早速みんなで釣りに行きます。小魚のアジゴは、終わるころには箱いっぱいになっていました。

部室に戻ったみんなは、アジゴの下処理を行うことに。そこで黒岩先輩は陽渚に下処理をするようにいいます。黒岩先輩が思いついた何かというのは「陽渚にアジゴの下処理を体験させる」ことだったようです。

アジゴは小魚なため、包丁を使わず手で処理します。その様子に拒否反応を示す陽渚でしたが、大野先輩も「怖いけど無心でやっている」という話を聞き、アジゴをぬいぐるみと思って処理をします。完全に無心となった陽渚は、かなりの量を処理。我に返って手を見ると、自分の手に声にならない悲鳴をあげたのでした。

休日、おじいちゃんの釣り道具が倉庫から見つかります。家族にアジゴの揚げ物がうまかったといわれ、おじいちゃんの道具をもって陽渚一人でアジゴ釣りに行きます。タコひげの店に行くと、店長が覚えてくれていました。

近くの堤防で釣りを始めるものの全く釣れません。途方にくれていると夏海から電話がかかってきました。釣りしていることを話すとすぐに来てくれた夏海。どうやら釣り針が大きすぎるのと、竿がタコ専用の丈夫なものだったのが原因のようです。そして道具を変えるとアジゴがたくさん釣れました。いつか自分が夏海に教えられるように頑張りたいと思う陽渚でした。

感想はコチラ

アジゴの下処理のシーンが今回特に面白かったです。陽渚が黒岩の無茶ぶりで、下処理をすることになりました。大野先輩を目指してを名目にやる気満々になる陽渚、しかしアジゴの内臓を見た瞬間一気に意気消沈していました。そんな陽渚が黒岩のアドバイスを基に対策を講じます。

それは裁縫が得意なので人形と思うことでした。これが意外にうまくいき次々とアジゴを処理していきます。この時の陽渚の目にハイライトがなくてちょっと面白かったです。そして都会っ子の陽渚に部長は何やらせてるんだと思いつつも、これも成長を願ってのことだと思いました。そして後半は苦戦したものの陽渚の自発的な初めての釣りに成長を感じられました。しかし小岩先生はほんと何もしていなかったので、安定の曲者キャラぶりでした。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第7話「穴釣り」

2020年8月18日 22時00分 放送

陽渚の祖父の釣り道具の中に面白いものがありそれをていぼう部にも持っていきました。早速、大野先輩に聞いてみると、その正体は「ブラクリ」と呼ばれる仕掛けということがわかります。

釣る魚は「ガラカブ」を中心とした根魚で、みそ汁などにするとおいしいらしく陽渚はテンションが上がります。そして早速ていぼう部のみんなでブラクリを使った穴釣りをする事になったのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

ブラクリを使った穴釣りでは大野先輩が陽渚に細かい部分までやり方を教えていました。なかなか連れずに時間がかかったものの、ついにガラカブを釣ることができました。今日の大野先輩はちょっと様子が変だなという陽渚、黒岩曰くこのブラクリの穴釣りは大野にとって苦い思い出があったということが明かされました。大野は小さいころに穴釣りで海に落ちてしまったことがありました。以降救命胴衣は必ず着用。細心の注意を払うようになったそうでした。恥ずかしい過去をばらされて大野先輩は顔を赤らめました。

夏海と陽渚は一緒に帰宅中、夏海が勉強の話をしだしたことにより、そろそろ中間テストの時期だということに気づきます。まったく対策をしていないと慌てふためく陽渚でしたが、夏海の家で一緒に勉強することになります。夏海は学年で一桁順位を取るほどの秀才でした。夏海の家にいくと、家は自営業でレストランをやっていました。昼食では、夏海お墨付きのナポリタンを食べた陽渚。勉強もかなり捗り飽きてきたころ、ちょっと息抜きに夏海と釣り動画を視聴。やりたくなってしまった2人は急遽釣りにいこうと予定を変更、竿は夏海が、仕掛けは陽渚の家にもってくるようです。

感想はコチラ

前半は大野先輩の意外な過去が明らかになりました。部活内でかなり凄腕っぷりを見せる大野先輩でしたが、小さいころ穴釣りで海に落ちたという苦い思い出がありました。

そこで明らかになったのが大野先輩はその出来事でカナヅチになってしまったとのことでした。黒岩に暴露されてあたふたする大野先輩が可愛らしかったです。そして今回釣った魚はガラカブでしたが、見た目は知ってるのだとカサゴでした。カサゴというとから揚げにしたりして、大変美味な印象があったので、羨ましかったです。

後半は夏海の意外な一面が分かりました。なんと夏海はかなりの秀才でした。家で勉強しているときは眼鏡も掛けていて、眼鏡姿はかなり頭がよさそうでした。夏海の家で出されたのがナポリタンだったのですが、それもかなりおいしそうでした。

皆の新しい一面が見れたので、陽渚はまた一つみんなとの距離が縮まったと感じて微笑ましかったです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第8話「テナガエビ」

2020年8月25日 22時00分 放送

梅雨の季節になり、雨がしばらく降り続く。しばらくていぼう部の活動ができないでいた陽渚と夏海、なのでとにかく釣りが早くしたい様子。

ていぼう部の部室は学校にはないため、二人は不便だなと感じていた。するとそこに黒岩が現れ、彼女曰く実はていぼう部にも部室はあるよう。早速学校にある部室に向かうていぼう部のみんな、そこには…。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

ていぼう部のみんなが向かったのは保健室で、部室というのは黒岩の冗談でした。今回は保健室にテナガエビの釣り具を取りに来たようです。そしてさやか先生のカニカマを餌として黒岩が調達しました。

今回の獲物はテナガエビ、場所は学校の近くの川でした。遊漁権を買い、雨の中橋の下で釣りをすることになりました。陽渚の叫び声が辺りに響き渡ります。餌だけ取られて全く釣れないテナガエビに陽渚はかなり苦戦していたようでした。

回想が入り、黒岩がテナガエビを釣っている様子を見ている陽渚。スリリングでエキサイティングだと黒岩は言っていましたが、陽渚にはとても簡単そうに見えました。ですが、実際にやってみるとまったく釣れず、スリリングでエキサイティングだと感じ始めるのでした。

そして回想から戻った陽渚は、かなり悔しがっていました。黒岩に竿のひき方のコツを教えてもらいやっと釣り上げたと思いきや、釣ったエビに「どうだ!」と威張っていたら川に落としてしまいます。でもコツは掴んだようで、その後すぐ釣れていました。

そんなわけでていぼう部のみんなはなんだかんだいっぱいエビを釣りました。テナガエビは一日泥を吐かせて食べるとおいしいとのことで、調理は翌日に持ち越しに。

翌日、陽渚と大野は料理番組のようなノリで料理を始めます。料理はテナガエビの素揚げです。完成した料理は何気ない会話を楽しみながらていぼう部とさやか先生みんなで食べました。

感想はコチラ

今回の獲物はテナガエビでした。しばらく雨が続いていたそうで、中々ていぼう部の活動ができない中での久々の活動だったので本当に陽渚と夏海がうれしそうで何よりでした。

テナガエビは釣るのに許可がいるようでやっぱり資源保護のためにこういったルールは大切だなと思いました。そしてテナガエビの釣りですがかなりシンプルな竿でお手軽そうですが、それが逆に奥深さを体現していました。

初心者の陽渚はかなり力加減に苦戦していました。釣れそうで釣れないテナガエビ釣りはまさに黒岩が言ったように、スリリングでエキサイティングだなと思いました。最後の素揚げはおいしそうでみんなで楽しく食べているので、「やっぱり放課後ていぼう面白いや」なんて思いました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第9話「備えとアオサギ」

2020年9月1日 22時00分 放送

救命講習会に参加することになった陽渚と夏海、しかし人工呼吸の練習がうまくいかず、人助けの自信が湧かない様子を見せる陽渚。二人が渡り廊下を歩いているところで大野がどんよりとした様子で現れる。

今日は着衣水泳が部活でもあったのだ。大野は泳げないため苦しい様子でいた。そして授業が終わると、ていぼう部の面々はさっそくプールに集結したが…。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

ていぼう部は着衣水泳講義をさやか先生から受けていました。ただ浮いてるだけで、体力を使わずに助けを待つというシチュエーションを想定した訓練で、陽渚は夏海とペアになりました。大野先輩はかなづちなのでかなりビビりながら訓練しています。

さやか先生は新型の腰に巻くライフジャケットをみんなに用意しました。このライフジャケットは自動式のようで、水を感知すると膨らむといいます。実際に見て学習した方がいいと考えたさやか先生は大野先輩で試すことにします。すると飛び込んだとほぼ同時にジャケットが作動しました。一つだけといったのに大野先輩の様子をみて飛び込んだ陽渚たちは、ライフジャケット6000円を部費から支払うことになります。

濁った海でブラクリを使った釣りをするていぼう部。魚を釣り上げた陽渚のもとにアオサギが現れます。どうやらこの鳥は釣りをしてる人の魚を狙う鳥のようで、陽渚の魚も食べられてしまいます。陽渚はアオサギに狙われたようで、逃がそうとした魚を次々取られ騒ぎ出します。

アオサギの足は釣り糸がかかっていました。陽渚はイラついていたアオサギを気の毒に思います。帰った後も何かとアオサギが気になっていた陽渚は黒岩先輩の相談し、翌日ていぼう部でアオサギの保護作戦を企画します。

陽渚がこないだの場所で釣りをしながらアオサギをまっていると、早速昨日のアオサギが来ました。餌でおびき寄せ、ビニールで隠れていた黒岩先輩・大野先輩・夏海が捕獲します。陽渚は無事に足に絡まった釣り糸をほどくのでした。

陽渚はアオサギを見送りすっきりした顔になりました。しかし翌日もアオサギが現れ、何とも言えぬ表情になったのでした。

感想はコチラ

前半は水にかかわる部活ということで、ていぼう部専用の着衣水泳が始まりました。着衣水泳なんか昔学校でやったなと懐かしい気分になりました。そんな中さやか先生ですが、酒を飲んでないと本当普通でむしろ頼れる先生なんじゃなんて思いました。大野先輩ですがかなづちなので水泳系はかなり苦しそうでした。見ていてかなり重症だと感じましたね。

後半はアオサギの話です。陽渚のもとに颯爽と現れたアオサギ、陽渚の魚をピンポイントで狙う感じが面白かったです。獲物をとってもしれっとしたあの憎たらしい顔に対して、陽渚がイラついている様子は微笑ましかったです。そんなアオサギにも釣り針に掛かるというかわいそうな一面がありました。陽渚の優しさが現れた回だと思いました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第10話「のべ竿」

2020年9月8日 22時00分 放送

夏シーズン真っ盛り、ていぼう部は今日も部室に集合していた。黒岩は今日もやる気がない様子、しかし陽渚はせっかくの暑い天気何か釣りたいという。

そこで夏海はシーバスを提案するも1メートル級の大きな魚と知り、陽渚は断る。そこで黒岩が提案したのがのべ竿を使ったウキ釣りであった。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

釣り場に来たていぼう部の面々、陽渚はのべ竿がテナガエビの時より大きくて驚いていました。陽渚はウキ釣りの仕組みについて黒岩から説明を受けるのでした。早速ウキ釣りを始めるといつもより竿のしなりが大きく驚きます。しかし釣れたのはいつものアジゴ、ウキ釣りは普段より竿のしなりが大きくなるようでした。陽渚はこのしなりを凄く楽しんでいる様子です。

アジゴのほかにもベラを吊り上げる陽渚、黒岩曰くいろんな魚を釣るのを五目釣りというのでした。その後は夏海も混ざりメジナやチャリコやフグを釣りました。夕方になり、夏海がシーバス釣りを始める一方で、陽渚は全然釣れないと黒岩達に言います。どうやら夕方になると大きな魚が餌を求めて増えるため、小魚は逃げてしまうようでした。

夏海に呼び出され夕日をみて癒される面々、魚も釣れないし帰ろうと提案する陽渚に、これからが本番だと黒岩はウキ釣りをやらせます。すると今までで最高の竿のしなりが起きます。振り回されながらもなんとか釣ることに成功した陽渚、そしてその魚はアジゴ、ではなくアジでした。黒岩の狙いはこれだったようです。

恒例の料理が始まります。今回の料理はアジの刺身とアジの開きでした。開きは一夜干しにするために、明日の昼に食べることになりました。さやか先生にばれないようにと考えていると本人登場でみんな驚きました。

次の日の昼、さやか先生より早めに集合するもそれを見越してさやか先生も早く来てしまいました。先生はたくさんの飲み物と、意外なことに燻製機を持ってきました。どうやら自作のようで先生は「りょうし」でした。海ではなく山の猟師で、猪などを狩っているようです。皆はご飯を持参して、アジができるのを待ちます。そしてできた瞬間一斉に食べ始めて幸せな時を過ごしたのでした。

感想はコチラ

ウキ釣りでアジゴを釣る回でした。しかしこれは陽渚のリアクションを黒岩が楽しむための策略でした。先ず一つはウキ釣りは竿のしなりが大きくなること、そして二つ目は夕方になると、ウキ釣りでアジが釣れるということでした。これによって予想以上の竿のしなりが起き、陽渚が狙い通り面白リアクションをするわけですが、それを期待する黒岩の頭にキツネの耳が生えているのが面白かったです。

しかしアジの開きが本当においしそうでした。普段はスーパーで買うのですが釣ったばかりのアジを実際に一夜干しにして食べるとどんな味になるのか凄い気になるとともにおいしそうでした。最後はさやか先生登場でまた食事が荒れると思ったのですが、描写ではみんな楽しくやれていてよかったです。今回もほのぼのとしたていぼう部活動を見れてほのぼのとした気持ちになりました。

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第11話「キス」

2020年9月15日 22時00分 放送

放課後陽渚と夏海はのべ竿でウキ釣りをしていた。そこでバリという魚を釣り上げることに成功するのであった。正式な名前はアイゴという魚で、危険な魚とされており全部のヒレには毒がある様子。

黒岩曰くパリはおいしいようだが、まずい魚だからと夏海はリリースしてしまう。黒岩はパリを食べたいようで、おいしく食べれる処理を大野にお願いするのであった。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

陽菜はまたバリを釣ってしまいました。そこに大野先輩が現れて釣ったバリを処理して刺身にしてくれます。陽菜と夏海はバリのおいしさを知ったのでした。

陽渚は自宅にバリを持って帰りました。夕食はバリの刺身と、母がもらってきたキスの天ぷら、それを食べてキスの魅力に気付いた陽渚は次の日部活の皆にキス釣りに行こうと言います。

どこか引き気味な皆、意気込む陽渚の気持ちを組んで餌を買いに行くことになり、そこで陽渚が悲鳴を上げました。キス釣りの餌は青虫と言って大変グロテスクな見た目でした。やっぱりやめるという陽渚に、店長が疑似餌があることを教えてくれます。

準備が整うと早速海岸の砂浜に向かう面々、到着した海岸は思わず遊んでしまうほど快適な場所でした。青虫の疑似餌がリアルすぎて青ざめる陽渚。何とか針につけられたものの、実物を夏海に見せられて慌てふためくのでした。

みんなのキス釣りを見て感心する陽渚、しかし相変わらず青虫が怖くて遠くにいるのでした。キス釣りを始めると青虫を餌にするみんなが釣れてる中、擬似餌の自分だけ全く釣れない様子で凹んでいました。

夏海はやり方を教えるのを黒岩に止められていました。黒岩は自分で考えて釣れるコツを掴むのが大事なんだと言います。陽渚が聞きにくれば教えていいよと言われうずうずする夏海と大野先輩、結局来ないまま夕暮れになり一匹も釣れず、目のハイライトが消えた陽渚が帰ってきました。

何とも言えぬ空気を感じる大野先輩と夏海、見かねた黒岩は陽渚に疑似餌には疑似餌にの釣り方があるはずだから調べてみてとアドバイスをするのでした。自宅で親のパソコンを借りる陽渚、いろいろキスの疑似餌を使った釣り方を調べてるうちに、キス釣りをまたしたくなりウズウズするのでした。

感想はコチラ

今回の放課後ていぼう部の狙う魚はキスでした。やはり印象的だったのがキス釣りに使う餌ですね。青虫を使うようなのですが、かなりグロテスクな見た目をしていました。陽渚が臆病な感じに見えますが、他三人の耐性が強すぎるのだと感じましたね。というのも実際自分が青虫を見たら陽渚のリアクションになりそうだからです。

そんな中店長が優しすぎましたね。おびえてる陽渚に優しく準備を手伝ってくれました。こういった人柄もタコひげ屋が長い間続いてる要因なのだと感じました。そして始まったキス釣り、疑似餌には特有の釣り方があるようで、一匹も釣れない陽渚はいつもの鬱モードになっていました。ちょっと怖かったです。夏海たちのアドバイスを制止した黒岩部長もスパルタだなと感じました。疑似餌のやり方を調べた陽渚、次につながってほしいと感じました。

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第12話「タイトル」

2020年9月22日 22時00分 放送予定

予告放送後あらすじ更新

放送後のネタバレあらすじはコチラ

放送後更新

感想はコチラ

放送後更新

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

放課後ていぼう日誌|製作会社・公式サイト・声優

放送 2020年夏(7月7日)
製作会社 動画工房
声優 鶴⽊陽渚:⾼尾奏⾳
帆⾼夏海:川井⽥夏海
⿊岩悠希:篠原 侑
⼤野 真:明坂美
小谷さやか:小清水亜美
公式サイト 放課後ていぼう日誌公式サイト
公式ツイッター 放課後ていぼう日誌公式ツイッター
wikipedia 放課ていぼう日誌ウィキ

放課後ていぼう日誌|オープニングとエンディング

オープニング 海の高校ていぼう部「SEA HORIZON」
エンディング 海の高校ていぼう部「釣りの世界へ」

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

 

放課後ていぼう日誌|アニメのモデル&聖地はどこ?

放課後ていぼう日誌のモデル&聖地は、熊本県葦北郡芦北町(あしきたまち)です。

九州の熊本県南部に位置している場所で、佐敷港の近くにある漁協が舞台となっています。そこにはしっかりと朝市もあるみたいです。そしてていぼう部の部室前にあった堤防がこの芦北漁協の堤防です。作中で登場した魚マゴチも実際にここで採れたりするようです。

またマゴチ釣りや、キス釣りで登場したところは鶴ヶ浜海水浴場です。そしてテナガエビを釣った場所のモデルになったのが、佐敷川です。ここら辺では高校は一か所しかありません。そして作中で現れた釣り竿の扱い方や結び方も実際にあったものを基にしています。

また、作中に登場したタコひげ屋ですが、モデルとなった店があり、それがてんぐやという店です。作者の小坂泰之先生もここの常連のようで、店内にも先生のサインがありました。また店側も放課後ていぼう日誌のコーナーを設けているようです。

まとめると放課後ていぼう日誌の聖地は大自然を味わうことができる、熊本県葦北郡芦北町が舞台になって、その中には作中で登場したタコひげ屋も実在しているということです。そして原作もテレビアニメもこの聖地をモデルとしており、自然豊かな風景の描写を表現しているといえます。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

まとめ

先行配信はdアニメストアで毎週水曜日24:00から配信されています。また配信サービスも多く、ほぼすべてのサービスで無料視聴可能です。

その中でもおすすめの配信は放課後ていぼう日誌の漫画も楽しめるU-nextとなります。放課後ていぼう日誌は少女たちの釣りのの様子を楽しむことができます。ほのぼのとしたていぼう部の日常に目が離せません。

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


関連記事

    本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。