TVアニメ

【リゼロ2期】聖域解放の反対派は誰で理由は?フレデリカが敵で魔女教の可能性も?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

【リゼロ2期】では聖域解放反対派の存在があることを知り、エミリアに新たな敵が現れる予感が感じられました。

そして【リゼロ2期5話】にて、ラムやガーフィールはフレデリカに対して信用がないような話し方から「フレデリカは敵でありもしかしたら魔女教の可能性もありなのか?」と考えた方も多いのではないでしょうか。

そのため今回は【リゼロ2期】聖域解放の反対派は誰で理由は?フレデリカが敵で魔女教の可能性も?と題しましてフレデリカは敵なのかについてご紹介したいと思います。

  • 聖域解放の反対派は誰で理由は?
  • 聖域解放反対派はエミリアに害を及ぼすって本当?
  • フレデリカは敵で魔女教?

【リゼロ2期】聖域解放反対派はエミリアに害を加える?

 

【リゼロ2期】にて初登場のフレデリカは世話焼き良いメイドさんという印象でしたが【リゼロ2期5話】ではフレデリカはエミリアに害を加える聖域解放反対派であるとラムは疑っているのではないかと感じました。

本当にフレデリカは聖域反対派でありエミリアの敵なのかが気になりますが…

まずは聖域解放反対派がエミリアに害を加える理由とはなんなのか詳しく説明するためにまず「聖域」についておさらいしてみましょう。

【リゼロ2期】聖域とは何?どんな場所?

聖域とは強欲の魔女エキドナが作った不老不死をつくる人体実験所です。実験材料としては主に「亜人」と「人間」の間に産まれたハーフを使用しているようです。

そんな聖域には結界で守られており場所を特定することは難しいとされています。

それを踏まえ次は聖域に貼られている結界について簡単に説明したいと思います。

聖域には「人間」や「亜人」といった種族を問わず出入りが自由だが「ハーフ」に限り結界により聖域から出ることができなくなる。

しかし聖域の結界に反応するのは「人間+亜人」の産まれのみに限定されている。

結界の近くに「ハーフ」が近づくことで体調不良をおこしたり気絶してしまったりする。

ハーフが結界から出るには強欲の魔女エキドナが出す試練に挑み乗り越えることにより聖域に貼られた結界を解除することができる。

エキドナは実験材料のハーフを聖域に閉じ込めるために結界を貼ったということがわかります。

しかし実験材料とされてまで「聖域」へ亜人たちが集まった理由となんなのでしょうか。

【リゼロ2期】聖域解放反対派とは?反対する理由は?

ネタバレとなりますが「聖域」に亜人が集まった理由は「亜人戦争」が関わっています。そして亜人戦争を引き起こす発端となった人物が嫉妬の魔女サテラでした。

サテラは「人間」と「亜人」のハーフであり【リゼロ】では400年前に世界を滅ぼそうと大暴れした結果、現在もなお人間たちから恐れられている存在です。

サテラと同じ「亜人種のハーフ」を恐れた人間は「ハンマ」と呼び差別することで人間世界から追い出そうと考えます。

結果、不満を抱えた種族たちの間により「亜人戦争」が勃発。

亜人は戦争に負け人間世界から除外されました。

そんな亜人たちは居場所を求め「聖域」に集まりだしたようです。

ここから考察です、戦争が終わった現在もエミリアに対し「ハンマ」と言ったり「嫉妬の魔女と同じ容姿」であると邪険に扱う人々が居ることを考えると人間と亜人の間にある偏見は消えてはいないことがわかります。

以下の理由から…

聖域解放反対派は結界が解放がされることで「ハーフ」たちが人間に傷つけられてしまうと考えているからこそ聖域の解放を望まない。

そう考えると聖域解放反対派がエミリアに危害を与える可能性が十分に考えられます。そしてスバルたちの前に敵として立ちふさがるかもしれません。

【リゼロ2期】聖域解放反対派は誰?フレデリカが敵で魔女教の可能性も?

 

【リゼロ2期5話】ではフレデリカを聖域解反対派でエミリアに危害を加えようとしているとラムが疑っていました。その理由がフレデリカがエミリアに青い輝石を渡した結果エミリアが倒れてしまったからでしたね。

まず青い輝石は原作ではフレデリカにとっては母の形見となっており聖域に行くエミリアたちの無事を祈り「お守り」として渡しています。

しかしアニメ内では青い輝石は「聖域に行くための転移石」という役目があるように感じました。

「聖域」の結界に近づくと亜人のハーフは「体調をくずしたり」「意識を失うってしまう」ので青い輝石がエミリアに危害を加えたというラムの考え方は矛盾しています。

なにより原作ではエルザがロズワール邸に奇襲をかけてきたときに「レム」や「ペトラ」を庇いながらエルザと戦うフレデリカの姿が描かれています。

そのためフレデリカは【リゼロ2期2話】で言っていたようにロズワールが残した手紙の通りにスバルたちを聖域に送り出した。

つまりフレデリカは敵でもなければ魔女教関係者でもありません!

ロズワールがスバルたちを聖域に連れてきた理由は「聖域を解放した」という名誉をエミリアに与え王戦を少しでも有利に進めるためという目的があります。

ロズワールの目的をフレデリカがどこまで知っているかは定かではありませんが「エミリアが聖域に行く」という事実から「ロズワールがエミリアに聖域を解放させようと企んでいる」ことに気づいたのは確かではないでしょうか。

そして「ガーフィールに気をつけて」と何度もスバルたちに忠告した理由は、ガーフィールは聖域の解放を望んでいない…つまりガーフィールこそ聖域解放反対派であり真の敵だとフレデリカは知っているのかもしれません。

ネタバレになりますがガーフィールは村人たちのために聖域解放のリーダーとして動いていますが心の中では「聖域が解放されることを怖がっています」。

そのため、同じく聖域解放反対派のリューズと一緒に、スバルやエミリアの邪魔をする敵となっていきます。ガーフィールがどのように邪魔をしてくるのかについては、ぜひアニメで確認してみてください。

まとめ

今回は【リゼロ2期】聖域解放の反対派は誰で理由は?フレデリカが敵で魔女教の可能性も?と題しまして聖域解放反対派の理由フレデリカは敵なのかについてご紹介しました。

  • 聖域解放反対の理由は「亜人戦争」により差別問題が原因していた
  • 今後、聖域解放に向けて動く「エミリア」への妨害・被害がでる可能性がある
  • フレデリカは敵ではなく仲間であり真の聖域解放反対派はガーフィールの可能性が高い

以上になります。

「エミリア」と「スバル」が今後どうなっていくのか気になり【リゼロ2期】から目が離せません!

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。