TVアニメ

【リゼロ】テュフォン/傲慢の魔女の正体ネタバレ!能力や強さは?過去や性格や声優は誰?魔女の遺骨についても!




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

リゼロ2期34話で、エキドナと入れ替わる形で登場した傲慢の魔女テュフォン。暴食の魔女ダフネと入れ替わるのを邪魔して出たきた魔女です。

登場時はその声も伴って、かわいらしい印象もありましたが、スバルの手を握った途端とんでもないことが起こってしまいます……。やはりかわいらしくても魔女は魔女。気を付けないといけない存在だということです。

というわけで今回は、そんなテュフォンの正体に迫っていきたいと思います。

  • テュフォンの正体をネタバレ!過去や性格、他の魔女との関係も!
  • テュフォンの能力&強さは?

ちなみにアニメはもちろんラノベや漫画もチェックする場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

リゼロネタバレ|傲慢の魔女テュフォンの正体!プロフィールや性格や声優は?

リゼロ2期34話で初登場の魔女、テュフォン。この章では、その正体などについて迫っていきたいと思います。

テュフォンの声優は?

正体などを見ていく前に、テュフォンの声優さんについて見ていきましょう。

テュフォンに声を当てておられるのは、久野美咲さん!

久野美咲さんは、テュフォンのほかにも、『七つの大罪』のホーク、『3月のライオン』の川本モモなどを演じておられる声優さんです。

ハイトーンなかわいらしい声質をされているので、「奇跡のロリータボイス」といわれることもあるほど……。

確かにアニメ登場時には、子供が当てているとしか思えないほど自然な声で、非常にかわいかったです。

ただ無邪気な演技がうまい分、やっていることのえげつなさがより一層引き立っていた感はありましたが……。

テュフォンの容姿は?

テュフォンの容姿などについて見ていきましょう。

テュフォンは濃い緑色の短髪で、リンゴのように赤い頬っぺたが特徴的な、小柄な童女です。肌が褐色で、白いシースルーのワンピースを着ており、少し透けているため、体のシルエットなどもうっすら見えます。

髪には青い花の冠を模したような髪留めを付けていたり、ワンピースの裾が青い花をもされていたり、青い花のモチーフが好きらしいことがうかがえます。

見た目年齢と実際の年齢がかみ合わないことが多い(たとえばエミリアやベアトリスなど)リゼロですが、テュフォンは実際の年齢もかなり幼いです。

精神的にもかなり幼く、その無邪気さゆえの凶悪さを兼ね備えた人物でもあります。

テュフォンの性格や人物像は?

では次にテュフォンの性格や人物像を見ていきましょう。

幼い容姿通り、活発で明るく、常に元気いっぱいな童女です。その分、年相応の悪い意味での無邪気さもあり、「他人の痛みが分からな」という一面もあるのです。

基本的に物事を「シロかクロか」「善か悪か」のどちらかだと、かなり両極端な見方をしている上に、幼さ故か妥協も知りません。

一度「悪だ」と認識してしまうと、自らの権能で罰を下そうとします。

次の項目でも詳しく説明しますが、かつては傲慢の魔女の名を冠した「処刑人」として活動していました。

ただ、先ほども言った通り基本的には普通の無害な子供です。遊ぶことが好きだったり、難しい話は分からなかったりと、普通の子供らしい一面もあります。

 

リゼロネタバレ|傲慢の魔女テュフォンの過去や死因は?魔女の遺骨がまだプリシラに残っている?

過去

テュフォンの人物像などが見えてきたところで、彼女が魔女として認識されるようになるまでのことを見ていきましょう。

テュフォンは処刑人の娘に生まれます。テュフォンの父親は、罪人の死刑を執行する処刑人でした。テュフォンの父は罪人の命を絶つ凄惨な現場に身をおきながら、正義の心を忘れずに誇りをもって仕事をこなしていました。

そんなテュフォンの父は、「この世には善悪があること」「悪行には必ず報いがあること」などを教えるために、処刑の現場によくテュフォンを連れていきました。

しかし、それを知るにはテュフォンは幼過ぎました。

そこで彼女は、「悪は裁くべきものだ」ということは学びましたが、同時に学ぶべきである「命の尊さ」を学ぶことができなかのです。

そんなとき、テュフォンは父親の大事にしていた酒杯を割ってしまいます。罪について必要以上に恐れていたテュフォンは、怯えながらも父にそれを正直に謝ります。

もちろん酒杯を割ったぐらいで父は激怒することはなく、優しく許してくれました。

そこで彼女は理解したのです。「犯した罪の重さをはかる天秤は、自らの心にある」ということを。つまり、罰にふさわしい罪の意識は自分の中にあるということです。

それを知った彼女は、「悪」を裁くために行動を始めます。

とはいえ、市井の人達の中には「自分は正しい」と心から思っている人なんてほとんどいません。そのため、彼女の手によって無辜の市民たちは無残にも裁かれてしまったのです。

その中には、テュフォンの父も含まれていました。父自身も、正義のためにやっていたことではあっても、人の命を絶つ仕事をしていましたため、そこには罪の意識が常にありました。それによって、テュフォンは父をも裁いてしまったわけです。

彼女のその価値観は正されないまま、傲慢の魔女として、彼女は「裁き」を続けて言ったのです……。

死因と魔女の遺骨

そんな彼女の命が絶たれた原因は「大水に沈められての溺死」でした。手を下したのはおそらくサテラですが、詳細についてはまだ明らかになっていません。

そんなテュフォンの魔女の遺骨はプリステラにあるとされています。プリシラとアル、そして魔女教大罪司教のメンバーはそのテュフォンの魔女の遺骨を狙っていますが、その目的は謎のまま。

魔女教大罪司教のメンバーの中に「傲慢」の担当がいない事から、もしかしたら魔女因子と魔女の遺骨が何か関係あるのかもしれませんね。

 

リゼロネタバレ|傲慢の魔女テュフォンの他の魔女との関係は?

テュフォンと特に関係が深いのは、怠惰の魔女セクメです。

テュフォンはセクメトのことを「はは」と呼んで非常に慕っています。一方で、セクメト自身もテュフォンのことをかわいがっていました。

おそらく本当の血縁関係はありませんが、父親のいないテュフォンにとっては本当の親のような存在だったのでしょう。

その信頼関係は深く、テュフォンが不機嫌になって暴れだした時に止められるのはセクメトだけだ、と言われているほどでした。テュフォンは子供ではありますが、本気で暴れると手が付けられないといわれるほどだったので、セクメトは暴走しないようにあやしていました。

逆に、お風呂にも入りたがらないほど怠惰なセクメトの体を拭いたり、世話をしたりといったこともしていたようです。そのあたりからも、2人が良い関係を築いていたことは分かりますね。

エキドナの精神世界に現れたことなどを踏まえると、セクメト以外とも交流はあったようですが、セクメトほど深くはなかったのだろうとは思います。

▶︎魔女教大罪司教と七大魔女メンバー一覧!
※リンクはページの最後にもあります

 

リゼロ|傲慢の魔女テュフォンの能力&強さは?

テュフォンの人物像について詳しく見てきましたが、ここでは彼女の持っている権能などについて見ていきたいと思います。

テュフォンの権能(能力)は?

裁きを下す権能

彼女の持っている権能は、人の中にある罪悪感を基準にして、人に罰を下す権を持っています。

テュフォンに見極められた人の心の中に「罪の意識」があると、その人物の体は砕けてしまいます。

テュフォンの初登場時に、スバルの体も砕けてしまいますが、その砕け方はまるでガラスが割れるときのような砕け方です。

生生しい砕け方をするよりはましだと思いますが、その様子はかなり異様です。

先ほどの章でも書いていますが、ほとんどの人の中には少なからず罪の意識があります。そのため、彼女に「裁かれた」人間は、基本的に砕かれてしまいます

砕ける際に正常な痛みを感じるのかは、判断しづらい部分があります。ですが、スバルが痛みを感じなかった際「悪じゃないのに自分を悪だと思っているから」だとテュフォンが言っているところを見ると、痛みを伴うこともあるようですね。

裁きを下す権能は効かない相手もいる

テュフォンの権能は、「相手の中に罪の意識があること」が大前提になります。

そのため、罪の意識を持たない存在、例えば野生動物やサイコパス的な存在に対して、その権能は発揮されません

暴食の魔女ダフネの作った魔獣などは相性が最悪な存在です。

もちろん、自分が間違っているとは露ほども思っていない存在、たとえばテュフォン達自身のような魔女や魔女教の人間たちにもこの権能は効きません。

つまり、一番この権能でもって裁くべき存在には、この権能は通じないということなのです……。

その他の権能?

先ほどの章で軽く触れましたが、ただの子供には釣り合わない驚異的な力もあるようです。

セクメトがなだめないと落ち着かないというのですから、その権能もかなりの力を持っているようですが、まだどのような権能なのかは明らかになっていません。

テュフォンの強さは?

テュフォンの実力は、相当高いことがうかがえます。何度か書いていますが、暴れだした時にはセクメト以外には手が付けられなくなるところからも、それは分かります。

もちろん、魔女たちも本気で命を奪うつもりで攻撃しないことも考えられます。なので、正確に実力を計ることはできないかもしれません。ですが、それでもトップクラスの実力があることは分かります。

それをセクメトなら抑えられたということから、信頼関係もあるでしょうが実力もセクメトには劣ることは推測できます。

そのあたりから、テュフォンの実力は嫉妬の魔女サテラやセクメトには一歩及ばないものの、魔女たちの中でもかなり実力はある部類だったということはわかるでしょう。

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

リゼロ2期34話で新たに登場した魔女、テュフォン。少しは彼女のことが分かっていただけたでしょうか。

もちろん、まだ権能の一部など明らかになっていないことはありますが、これから話が進むにつれて、テュフォンについてもいろいろな事実が明かされていくのでしょう。

これから彼女たちがスバルの活躍にどうかかわっていくのか、そのあたりも見どころですね!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。