TVアニメ

【リゼロ2期2話(27話)】聖域とガーフィールとは何?ロズワールがスバルたちを呼び寄せた理由は?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

ロズワール達が、魔女教の侵攻から逃れるために選んだ場所「聖域」。スバルたちはその場所を知らされていませんでした。しかし、フレデリカから聞いたその実態は、思った以上に謎めいたものでした。

亜人族が住まい、ガーフィールという人物がいるという聖域。果たして、その聖域はどういう場所で、ガーフィールとは何者なのでしょうか。

そして、なぜ白鯨討伐が終わった今でもロズワール達がそこから戻ってこないことにも、何か理由はあるのでしょうか。

今回は、このような疑問を踏まえて聖域とガーフィールの正体、ロズワールの狙いなどを考察していこうと思います。

  • 聖域とは?
  • ガーフィールとは?
  • 戻ってこなかったロズワールの狙いは?

ちなみにアニメはもちろんラノベや漫画もチェックする場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

リゼロ2期2話(27話)|聖域はどんな場所?

27話で、聖域についてフレデリカベアトリスの口から語られています。

ベアトリスは「福音書の答えもロズワールの狙いもわかる」といい、フレデリカは「クレマルディの聖域は亜人族の住まう場所で、そこにいるガーフィールには気をつけろ」と言っています。

実は、この聖域(クレマルディの聖域)は、強欲の魔女エキドナが結界を作って取り囲んだ場所のことを言います。そして、ここはエキドナの墓でもあるのです。スバルがエキドナと出会った意味もこれでわかるでしょう。

そして、ベアトリスが「福音の意味も分かる」と言っていた意味もここで明らかになります。

というのも、福音書のもとになっている書物はエキドナが作り出したものだからです。もともと魔女教の福音書とは、エキドナが作った「叡智の書」をまねて作られたものなのです。

ベアトリスがそのように言ったのは、福音を作った本人に会うことで問題は解決するだろう、ということだったのです。

次に、フレデリカの言葉についてみてみましょう。

彼女の言葉通り、この聖域には亜人族が暮らしています。ですが、ただの亜人族の町ではないのです。なんと結界の中に入ってしまうと外へは出られないようになっているのです。

ただし、完全に出られないのは混血の、特にハーフの亜人族だけ。つまり、ロズワールのような人間はその対象ではないのです。それなのになぜロズワールはエミリアたちを呼んだのかについては、後の章で見ていきます。

ここまでの内容をまとめると、聖域は以下のような場所だとわかります。

  • 強欲の魔女エキドナが作った場所
  • 亜人族が住まう場所で、亜人族は一度入ると出られなくなってしまう

次の章では、フレデリカの言っていた聖域で気を付けるべき存在、ガーフィールについてみていきたいと思います。

 

リゼロ2期2話(27話)|ガーフィールと聖域との関係は?どんな人物?

フレデリカの話していたガーフィールは、獣人の血を引くクォーターです。

逆立つ金髪で、鋭い目つき、小柄でありながらすさまじい鬼気をまとった非常に猛々しい外見をしています。

その外見を見るだけでも、フレデリカが「気をつけろ」と言った意味が分かります。そして、彼は外見通り直情的でかなり荒っぽい性格をしています。

そんな彼は、「聖域最強の盾」を自称していますが、その言葉通り非常に高い戦闘能力を持っています。作者をして作中最強と言わしめるラインハルトに比べると見劣りしてしまいますが、エミリア陣営の中でもトップクラスの戦闘能力を持っています。

ただ、聖域から出ようとはしません。実は、聖域に張られた結界はエキドナが課した「試練」というものをクリアすれば解除できるものなのです。

しかし、それを解除することをガーフィールはかたくなに拒んでいるのです。しかも、聖域から出ようとするものを見張り、ただの人間であろうとも外には出さないという姿勢を貫いているのです。

つまり、外に出るためにはこのガーフィールを攻略し、結界を解除する必要があるというわけです。そのようなことも踏まえて、フレデリカは「気をつけろ」と言ったのではないかと推測できます。

 

リゼロ2期2話(27話)|聖域にとどまりスバルたちを呼び寄せたロズワールの狙い(理由)は?

先ほども書いた通り、ガーフィールの目があるためロズワールたちも自由に外に出ることはできませんでした。しかし、まず聖域に逃げたことにもロズワールの思惑があったのです。

というのも、ロズワールは強欲の魔女エキドナの課した試練をスバルたちに超えさせようとしていたのです。

実はこの試練というのは、ただの人間では攻略することができません。受けるためには、混血である必要があるのです。

ただ、スバルもその試練を受けることができたので、「エミリアたちの世界でいう普通の人間」が対象外になっているのかもしれませんが。

ロズワールは、その試練を受けさせることでスバルとエミリアを強くしようとしていたのです。

エミリアが王選を勝ち抜くためには、魔女教の侵攻などを退ける必要もあります。そのためには、信頼と力が必要になります。それをつけさせるために、ロズワールは彼女らに試練を受けさせようとしていたわけです。

おそらく、エキドナに会わせること自体も狙いだったのだろうとは思います。そこで、魔女教についても知ってもらう必要もあったのでしょう。ロズワールは、このような理由があって、エミリアたちを聖域へ招き入れたのだろうと考えられます。

ロズワールとエキドナの関係についてはこちら
▶︎ロズワールの正体と目的は何?黒幕や魔女教関係者である可能性は?

ちなみにアニメはもちろんラノベや漫画もチェックする場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

これから物語が展開していくうえで外せない「聖域」と「ガーフィール」の存在。

この記事で少しは謎が明らかになったのではないでしょうか。ただ、まだ原作でも明かされていないことなどもあります。そのあたりは、原作での展開に注目ですね。

今回分かったことをまとめると、以下のようになります。

  • 聖域は強欲の魔女エキドナが作った亜人族の住む場所
  • ガーフィールは直情的な亜人族の少年
  • ロズワールはエミリアたちを強くするために聖域へ招き入れた

これからエミリアやスバルにどんな試練が待っているのか、今後の展開に期待が高まります。

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。