TVアニメ

【リゼロ】ダフネ/暴食の魔女の正体ネタバレ!能力&強さや三大魔獣を作った理由は?素顔や過去や性格も!




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

リゼロ2期34話で、エキドナと入れ替わる形で登場した暴食の魔女ダフネ。棺桶のような拘束具に身を包んだ、異様な見た目が特徴的な魔女です。

傲慢の魔女テュフォン憤怒の魔女ミネルヴァが割と普通の女性の見た目をしている分、そのインパクトはかなり強烈でした。

しかも、彼女が白鯨や大兎などの魔獣を作った張本人。魔獣に散々苦しめられたスバルにとっては仇敵ともいえる存在です。

今回は、そんなダフネの正体に迫っていきたいと思います。

  • ダフネの正体をネタバレ!素顔や過去や性格も!
  • ダフネの能力&強さは?
  • ダフネが三大魔獣を作った理由は?

ちなみにアニメはもちろんラノベや漫画もチェックする場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

リゼロ|暴食の魔女ダフネの正体ネタバレ!素顔や過去、性格も!

ダフネが一番魔女っぽい?

棺桶に入った特徴的な見た目をしているダフネ。そんなダフネに対して、リゼロの作者さんはこのように語っておられます。

大罪の中で唯一生命に関わる大罪を冠し、魔獣を生み出したりして世界を食い散らかした彼女の所業は、確かに「魔女」のそれだといえるでしょう。

では、そんなダフネの正体をネタバレしていきましょう!

ダフネの声優は?

まず、ダフネの正体に迫る前に、声優さんの情報をご紹介しておきましょう。

ダフネの声優さんは、東山奈央さん!

ニセコイ』の桐崎千棘や、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の由比ヶ浜結衣などを演じられた人気声優さんですね。

可愛い声が特徴的で、ダフネの凶悪な雰囲気からは少し連想しづらいかもしれません。ですが、ダフネの中身の女の子は確かに小柄な女の子なので、アニメでは全く違和感がありませんでした。

むしろ凶悪な絵面が緩和されて恐怖が和らぎました……。

ダフネの容姿は?

ダフネは何度も言っている通り、かなり特徴的な容姿をしています。

身長は大体150cmほどで、肩くらいまで伸ばした灰色の髪を2つぐくりにしています。その体は棺桶のようなものの中に入っており、全身を拘束具で覆われ、目元は黒い目隠しで封じられています

この棺桶は、無駄に動いてカロリーを消費しないために、と作った「百足棺」と呼ばれる魔獣です。普段はただの棺桶ですが、カニの足のようなものをはやして移動することができます。

ダフネの性格や人物像は?

基本的にはマイペースな人物です。しゃべり方も間延びしていて、気が抜けるような口調をしています。彼女はある理由から常に空腹を抱えており、そのせいで疲労してしまっているため、そのようなおっとりした性格になってしまいました。

恐ろしい見た目ではありますが、性格自体は温厚です。スバルや他の魔女たちをあだ名で呼ぶなど、魔女の中でも接しやすいタイプです。

とはいえ、魔女らしい異常な思想も持っています。

それは「この世は食うか食われ」で「弱肉強食」であるという考え方です。彼女にとって自分以外のものは食べ物であり、飢えを満たすために食らうものと認識しています。

それ以外のことにはほとんど関心を示さず、食べるか食べられるかのみで世界はできていると思い込んでいます。

こう書くとかなり偏執的な人物に見えますが、世界の人々のことを全く気にしていなかったというわけではありません。実は「世界から飢えをなくした」という思いはあり、そのために行動も起こしています。それが実は魔獣づくりに関係があるのですが、その話は後述で。

 ダフネが暴食の魔女となった過去と死因は?

ダフネは、人工的に生み出された存在であることがほのめかされています。

ダフネは元々人の子として生まれましたが、不治の病に侵された一国の王の延命する魔術のための生贄の1人に選ばれます。

その魔術の影響で多くの命が犠牲になりましたが、なんとその中でダフネ1人だけが生き残ってしまったのです。その影響で、彼女は終わりのない飢餓に苦しめられると同時に、「死ねない体」になってしまいました

あらゆる食べ物を食べますが、拒食の症状もあり、その飢えは全く満たされません。そんな極限の飢餓の中で、ダフネは獣の群れを食らうようになりました。

その中で彼女は魔獣を生み出すこともできるようになり、生んでは食い、生んでは食いを繰り返すようになったのです。そしてその魔獣と共に、彼女は城の外へと出ていったのです……。

つまり、王様を延命するための魔術の弊害としてダフネは「魔女」にされてしまったわけですね。

ダフネは死ねない体のはずですが、その死因は「砂の海で枯れ死」であったといわれています。その詳細についてはまだ明かされていません。

他の魔女との関係は?

ダフネのフレンドリーな性格もありますが、基本的に他の魔女のこともあだ名で呼んでいます。このことから考えても、他の魔女と関係が悪くなかったことは推測できるでしょう、

また、エキドナの精神空間にいることも含めて考えると、エキドナとの関係も良好だったことは分かります。

ただ、テュフォンとセクメトのように特定の誰かと親交が深い、といったことはあまりなかったようです。

▶︎魔女教大罪司教と七大魔女メンバー一覧!
※リンクはページの最後にもあります

 

リゼロ|暴食の魔女ダフネの能力&強さは?

上の章でダフネの正体について迫りましたが、ここからは魔女としての権能や強さについて見ていきたいと思います。

ダフネの権能は?

飢餓の魔眼

これは、目隠しで覆われている左目を見たものに、ダフネ自身が感じている飢餓感を植え付けることができます。

リゼロ2期34話で、エキドナがダフネを呼び出す際、スバルに目を合わせないようにと忠告していたのは、その権能があったからです。

ちなみに、1度スバルはダフネの左目を見てしまうのですが、あまりの空腹で無意識のうちに自分の指を食いちぎってしまうほどでした。

右目にも何らかの権能があり、むしろ恐ろしいのはそちらだとエキドナは話していますが、まだその権能は明らかになっていません。

第3の口

これは、自分の意思で魔獣を生み出すことができる権能です。ダフネの第3の口から魔獣が生み出されるわけですね。

その権能で生み出された魔獣が、三大魔獣です。先ほど紹介した百足棺もこの権能で生み出されています。

ちなみに、第2の口もあるようですが、それに関してはまだ正体は明かされていません。

嗅覚

普段目隠しをしているからか、嗅覚が異常に優れています。これは魔女因子や権能とは関係なく、体質的な能力です。

ただ、その嗅覚はかなり異常で、ものの種類やその数、相手の状態などまで分かってしまうほどのものです。

これによってスバルの存在なども感じ取ることができたわけですね。

全身で食事可能

ダフネは口からだけでなく、肌や髪などを含めた全身で食事をとることができます。エキドナがダフネを呼び出す際に「触れてはいけない」と言った理由は、この権能があるからです。

どのように食べるのかは、まだアニメ化されていない部分なのではっきりとは言えませんが、かなり異常な姿が描かれるんじゃないかということは想像できますね……。

ダフネの強さは?

ダフネ自身の実力は、魔眼の権能などを踏まえるとかなり高いとは思われます。しかし、その実力は嫉妬の魔女サテラ怠惰の魔女セクメトには及ばないようです。

そのため、強さ自体はサテラたちのようなトップクラスには一歩及ばないと言ったところでしょう。

ただ、世界の人から見た時には、その脅威はかなりのものでした。それは、彼女の作りだした凶悪な魔獣のせいです。

三大魔獣をはじめ、その魔獣はかなり凶悪で、人間にとってはかなりの脅威でした。そのため、人々にはサテラに次いで恐れられていました。

 

リゼロ|暴食の魔女ダフネが三大魔獣を作った理由は?

ダフネが作り出した三大魔獣は「白鯨」「大兎」「黒蛇」ですが、それぞれ作られた理由は少しずつ違います。

それぞれについて見ていきましょう。

三大魔獣が作られた根本的な理由

まず三大魔獣が作られた根本的な理由は、「世界を飢餓から救うため」です。

そのせいで世界がとんでもないことになってしまっているわけですが、少なくとも彼女は世界を滅ぼしたくて作ったわけではないというのが事実です(一部例外はありますが)。

しかも、魔獣は作者曰く「ドブに浸した砂」のような味なのだそうで、食えたものではありません。つまり、ありがた迷惑以外の何物でもなかったわけです……。

さらに、食べる前に人間を食おうとしてくるわけですから、まず食べられる人間もかなり限られてくるというかなり厄介な代物です。

このあたりは、ダフネの「弱肉強食」に基づいた考え方が反映されているのでしょう。

ちなみにこれらの魔獣は、ダフネ自身は食べることができます。

白鯨が作られた理由

白鯨が作られたのは、「大きければ、たくさんの人がお腹いっぱいになれると思うか」です。

確かに大きいだけ食べるところはいっぱいありそうですが、大きすぎます……。

しかも、食われれば存在ごと食われてしまうし、霧に触れるだけでもアウトなんですから、食べる難易度が高すぎます……。

大兎が作られた理由

大兎が作られた理由は、「いくらでも増えて、永遠に食べ物に困らないから」です。

大兎は正確には「多兎」と書くように、確かにその脅威は圧倒的な数です。しかしこれも食べるにはレベルが高すぎます。

1個体は小さくても、集まれば脅威です。実際スバルもその圧倒的な数の前になすすべなく捕食されてしまいました。

これだけの数の食料があれば飢えは癒されるかもしませんが、何分この凶暴さなので食べることもままなりません……。

▶︎大兎の正体や結末ネタバレ!
※リンクはページの最後にもあります

黒蛇が作られた理由

黒蛇が作られた理由が、実は一番現実に即しています。その理由は、「増えすぎた人間を減らすため」なんです。

黒蛇は、這った土地を呪い、魔獣以外が住み着けない死の土地へ変貌させるというめちゃくちゃな能力を持っています。もちろん人間もただでは済みません。

そんな力を持っているわけですから、言い方は悪いですが、口減らしには最適な能力を持っています。

この黒蛇だけは、食べるためではなく、食べ物が必要な数を減らすため、につくられたものなので、少し異質な存在です。

とはいえ、先ほどから書いている通り、白鯨も大兎も人間にはレベルが高すぎるため、どれも黒蛇と同様の効果しかなかったわけですが……。

リゼロアニメ・OVA
漫画・ラノベなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。右目の能力や、詳しい死因など、まだわかっていないことも多いダフネですが、その正体の一端は解明できたのではないでしょうか。

その能力をはじめ、キャラクターの魅力もこれからどんどん明かされていくことになると思います。

これからの展開の中で、どんな魅力を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。