TVアニメ

【俺ガイル3期3話考察解説】先生の言う立つ鳥跡を濁さずの意味は退職か異動?美しい終わりを求めているのは誰?

今回の【俺ガイル3期3話】では平塚先生が何か八幡に言いかけますが辞めてしまいます。「立つ鳥跡を濁さず」と独り言をいう平塚先生の目線の先には段ボールにまとめられた荷物が…。そのシーンにまさか平塚先生が退職か異動してしまう!?と考えられた方は多いと思います。

そのため今回は【俺ガイル3期3話考察解説】先生の言う立つ鳥跡を濁さずの意味は退職か異動?美しい終わりを求めているのは誰?と題しましてネタバレを含みながら平塚先生の今後をご紹介したいと思います。

  • 「立つ鳥跡を濁さず」の意味は?退職・異動どっち!?
  • 異動理由は「美しい終わりを作者が求めたから?
  • 美しい終わりのを求めた先は?

【俺ガイル3期3話考察解説】平塚先生の言う「立つ鳥跡を濁さず」の意味は!?退職・異動どっち!?

夕方タバコをふかしながら奉仕部の部室の鍵を握る平塚先生。平塚先生の悲しげな表情と荷物が詰められた段ボールが印象的な【俺ガイル3期3話】

ネタバレになりますが平塚先生の言葉「立つ鳥跡を濁さず」は平塚先生が自身の戒めのために放った一言です。なんと平塚先生は八幡たちが3年に上がる前に他の学校に異動してしまいます!

ちなみに「立つ鳥跡を濁さず」(たつとりあとをにごさず)のことわざの意味は

立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきだ。

という戒めであり

引き際は美しくあるべきだということ。

最初は雪乃を助けたいと平塚先生が始めた奉仕部。

いまでは八幡と結衣が加わり雪乃の成長も感じられ、平塚先生のお願い「雪乃を救いたい」という思いは叶えられましたが【俺ガイル3期3話】の平塚先生がタバコをふかしながら奉仕部の部室の鍵を握るところをみると八幡たちの卒業を見届けられないことや今後の成長を見守ってあげられないことを惜んでおりだからこそ自身の戒めのために「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がでたのでしょう。

ちなみに平塚先生の異動は原作小説【俺ガイル12巻】での出来事です。現在放送中【俺ガイル完】も12巻の内容なのでしいですが平塚先生とのお別れももうすぐ…となっています。

【俺ガイル3期3話考察解説】先生の異動理由は作者が美しい終わりを求めたから?

 

平塚先生が学校を居なくなってしまうことは作者が「美しい終わり求めた」結果だと思われます。

奉仕部を設立させた平塚先生が他校に異動してしまうことで部員である「雪乃」「八幡」「結衣」の3人はどうなるのか。今まで「奉仕部員だから部室にいかなければならない」「依頼だから部員全員で対処しなければならない」という言い訳がなければ、何度もギクシャクした3人の関係はすでに破綻していました。

そんな奉仕部から平塚先生が居なくなることで続ける必要性がなくなります。そこで「雪乃」「八幡」「結衣」は自らの意思で奉仕部を続けるか無くすか選択をしなければなりませんよね。

理由を与えられなければ一緒にいられなかった3人が、平塚先生が居なくなり初めて他人ではなく自分の意思で「一緒にいたい」と答えをだします。

つまり「自分の意思がない・雪乃」「人に合わせるだけの・結衣」「他人と距離をとる・八幡」の成長が平塚先生の離職により描かれており、まさに美しい終わりにむけての助長を残す結果となっています。

そのため作者が平塚先生を他校へ異動させたのは「雪乃」「八幡」「結衣」の成長を描きたかったという思惑が隠れていたのでしょう。

【俺ガイル3期3話考察解説】美しい終わりを求めた先…奉仕部はどうなる?

平塚先生なしではすでに壊れていた「雪乃」「八幡」「結衣」の関係を、平塚先生の離職により八幡たちは「壊れない友情」「本物」を求めて動き出します。

奉仕部は正式な部活動として学校から認知されていませんでしたが生徒会長・いろはにより正式な部活動と認められます。そして新入部員の小町を部長とし平塚先生がいなくなった後も「雪乃」「結衣」「八幡」の3人で楽しく部活動を再始動させます。

まとめ

今回は【俺ガイル3期3話考察解説】先生の言う立つ鳥跡を濁さずの意味は退職か異動?美しい終わりを求めているのは誰?と題しまして平塚先生にスポットを当てご紹介しました。

  • 平塚先生は他校に異動が決まっていた
  • 平塚先生の異動には作者の思惑があった
  • 平塚先生異動後も奉仕部は続行!

いかがでしたでしょうか。アニメ【俺ガイル3期】では平塚先生の離職で3人の成長が伺える回となっています。

小説のなかのエピソードがアニメになると思うと今からワクワクですね!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ・声優グランプリ
ファミ通・コスプレイモードetc...

/ 約450雑誌が月額380(税抜)で読み放題! \
 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。