TVアニメ

【炎炎ノ消防隊ネタバレ】ヴァルカンは天照に関係する一族?第8にいる理由や役割は?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

第8特殊消防隊で機関工として働くヴァルカン。代々技術者としての腕を受け継いできたヴァルカン一族は、天照の建設と何か関係があるようです。

組織からのスカウトを拒み続けてきたのも、天照のことが原因でした。

この記事では、ヴァルカン一族と天照の関係や、ヴァルカンがどうして第8に所属することになったのか、ヴァルカンが第8に来て作った装備について説明します。

  • ヴァルカン一族と天照の関係
  • ヴァルカンが第8にいる理由
  • ヴァルカンの第8での役割

ちなみにアニメはもちろん漫画を購入する場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

炎炎の消防隊・ソウルイーター
アニメも漫画も見るなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヴァルカンの一族と天照の関係

一族と天照の関係は?

東京皇国の全エネルギー供給をまかなう発電機“天照”は、ヴァルカン一族が長い年月をかけて築き上げた技術の結晶でした。

天照を作ったとされていた灰島重工は、ヴァルカン一族から設計図を奪って天照を建設したにすぎなかったのです。

天照を奪われたヴァルカン一族は、その後灰島重工に反抗し、灰島重工やその関連組織である消防隊には絶対に手を貸すなという教えを代々受け継いできました。

ヴァルカンは一族の中でも、技術力アイデア力ともに飛びぬけた才能の持ち主で、18歳という若さでありながら別名“炎と鍛冶の神”とも呼ばれています。

才能あるヴァルカンのもとには、灰島重工や消防隊から何度もスカウトがきていましたが、ヴァルカンは全てを断っていました。

すると灰島は、ヴァルカンの工房への部品供給ラインに圧力をかけ、機械の開発に必要な部品が届かないように嫌がらせをしました。

このこともあってヴァルカンはますます灰島重工や消防隊のことが嫌いになっていきます。

ヴァルカンと天照のキー

第3特殊消防隊の大隊長で、白装束の一味でもあるドクタージョバンニは、ヴァルカン一族が隠していた天照のキーを手に入れたいと思っていました。

天照のキーとは、伝導者の目的である大災害を起こすために必要なものです。

ドクタージョバンニの動きはこうです。

ヴァルカンの祖父の弟子として工房に入る

ヴァルカンの祖父と父が焔人化し、ドクタージョバンニは工房から姿を消す

ドクタージョバンニが灰島重工に入り、大隊長に就任

灰島重工に入るように何度もヴァルカンに言うが、ヴァルカンはこれを拒否

リサをスパイとして送り込んでもヴァルカンが何もしゃべらないため、しびれをきらしたドクタージョバンニは白装束の一味を連れて工房を襲撃

天照のキーを手に入れるため、あらゆる手をつくしたドクタージョバンニでしたが、ヴァルカン一族はキーの情報すら渡しませんでした。

言うことをきかないヴァルカンの態度にしびれをきらし、ドクタージョバンニは白装束数名とともに工房を襲撃します。

天照のキーはヴァルカンが大切にした機械の中に隠されており、襲撃の際に偶然それを見つけたドクタージョバンニに持ち去られてしまいました。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヴァルカンがなぜ第8に入ることになったのか

灰島重工や消防隊を嫌っていたヴァルカンですが、どうして第8には心を開いたのでしょうか。それは第8が、命を大事にすることを一番のモットーに活動する組織だったからです。

ヴァルカンは大災害で失われた動物たちを復活させたいという夢を持っていました。天照では東京皇国内の人間の分しかエネルギー供給ができないため、動物を復活させるためには天照以上のエネルギー源が必要です。

ドクタージョバンニの襲撃にあった後、一時的に第8に保護されたヴァルカンは、第8のメンバーと過ごす中で、この人たちと一緒なら夢をかなえられそうだと考え始めます。

組織の権力に負けず、自分たちが正しいと思うことを貫く第8のメンバーを見て、ヴァルカンも心を動かされたのでしょう。

灰島重工と消防隊には力を貸さないというのが先祖代々の教えでしたが、ヴァルカンは祖父と父の墓の前で謝罪をし、第8の機関工になる決意をします。

▶︎ヴィクトルリヒトの正体と目的は?第8にいる理由も!
※リンクはページ最後にもあります

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヴァルカンの第8での役割

ヴァルカンは第8の機関工として、日々の整備や隊員の新しい武器の開発をしています。

ヴァルカンが作ったものの中で一番有名なものはマキの使う“双式浮遊ユニット鉄梟”です。

マキが操作するプスプスとメラメラを動力とする機械で、相手への物理攻撃や守備、カメラを装着して空撮にいたるまで、広範囲で活躍してきました。

また直近(原作)ではドラゴンによって破壊されたアーサーのエクスカリバーを作り直したこともあります。

他にも消防隊が出動の際に乗るマッチボックスに様々なオプション機能を加えたり、自分で使う用にペンギンヘルメットを作ったりと大活躍です。

ヴァルカンが来てから、第8の戦い方の幅が広がったのは間違いありません。

炎炎の消防隊・ソウルイーター
アニメも漫画も見るなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

ヴァルカン一族は、開発した天照を灰島重工に奪われたため、灰島重工と消防隊を嫌っていました。

そんな一族の唯一の生き残りであるヴァルカンは、第8のメンバーの姿を見て少しずつ心を動かされ、機関工として働くことを決意します。

ヴァルカンが作る機械を見て、第8のメンバーもヴァルカンが来てくれて本当によかったと思っているようです。

今後激化する戦いの中で、どんな武器が登場するのかにも注目ですね!!

  • ヴァルカン一族は天照を開発した
  • ヴァルカンはスカウトを拒んでいたのは、過去に天照を奪われたから
  • ヴァルカンは第8に心動かされ、機関工となる

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。