TVアニメ

【炎炎ノ消防隊】森羅(シンラ)の正体&過去や能力は?強さやアドラバーストと手の型の技も解説!




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

「炎炎ノ消防隊」の主人公で、足から火を出せるという特殊な能力を持つ森羅。

火事で家族を失い、炎を憎んでいるはずの少年が、消防隊の一員として火事の現場に戻ってきた理由は何だったのでしょうか。そして森羅の炎が特別である理由とは?

この記事では、シンラの悲しい過去から、能力や強さに至るまで、まとめて考察していきます。

  • 森羅(シンラ)の正体
  • 森羅(シンラ)の過去と目的
  • 森羅(シンラ)の能力や強さ

炎炎ノ消防隊|森羅(シンラ)の正体とプロフィール

第8特殊消防隊

シンラは第8特殊消防隊に消防官として所属しています。プロフィールは以下の通りです。

名前:森羅日下部(シンラクサカベ)
身長:173kg

体重:67kg
年齢:17歳
誕生日:10月29日
血液型:AB型

足から出す炎によって様々な技を繰り出すことができます。靴を履いても燃えてなくなってしまうので、戦闘時は常に裸足です。

炎を使って子供にブレイクダンスを披露するというお茶目な一面も。炎は戦闘だけに使えるわけではないんですね。

昔母親とした「ヒーローになる」という約束を守るため、消防隊に入隊しました。

普段は明るい少年ですが、暗い過去があるのと、緊張すると不気味な笑いを浮かべてしまう癖によって周りから気味悪がられることもしばしばです。

第8や一部の理解ある先輩たちのサポートによって、その能力を開花させていきます。

アドラバーストの4人目(柱)

森羅は弟のショウに続いてアドラバーストに目覚めた4人目の柱です。伝導者たちからは四柱目と呼ばれています。

過去の火事で発火能力に目覚めた時、実はすでにアドラバーストの力を持っていましたが、炎が小さすぎ覚醒していなかったことから伝導者たちは気づかずにいたようです。

5人目の柱である因果の時は覚醒前に気づいていたのになぜ?と疑問は少し残りますが、そこは「伝導者が気づいていたら森羅も伝導者になっていて物語が始まらないから」というのが理由でしょうか…?

炎炎ノ消防隊|森羅(シンラ)の過去と目的

悲しい過去

シンラは5歳のときに家が火事になり、弟のショウと母親を失いました。

火事が引き金となりシンラは第3世代の発火能力に目覚めた(実はアドラバースト)ですが、世間からはその火事自体がシンラの足の炎によるものだとされ、シンラは弟と母親を殺した殺人犯として扱われます。

さらにこのときのショックによって、シンラは上手く笑えなくなり、緊張したときに不気味な笑みを浮かべてしまうようになったため、“悪魔”と呼ばれるようになりました。

シンラが能力を使ったときに地面につく足の形の焼け跡は“悪魔の足跡”と呼ばれています。

シンラはひどい迫害にあいますが、火事の時に見た鬼の焔人が本当の出火原因であると信じ、弟と母親の仇をとるためにその焔人を追っていました。

そして知る衝撃の事実

やっとの思いで弟のショウを探し出したシンラでしたが、待っていたのは衝撃の事実でした。

ショウは実は生きていて、シンラとの記憶もなくし伝導者一味にいること。そして、本当の出火原因は発火能力(アドラバースト)に目覚めた弟ショウの炎であり、その炎の影響によって母親は鬼の焔人となり、森羅は発火能力に目覚めました。

つまり、シンラが見た鬼の焔人は元はシンラの母親だったんですね。

弟と母親の仇を打つことを目的に、周りからの誹謗中傷にも耐えてきたシンラは意気消沈してしまいます。

森羅(シンラ)の今後の目的

ショウとの戦いは途中で白装束一味の邪魔が入り、ショウを連れ戻すことはできませんでした。火事の真実を知ったシンラに迷いが生じます。

しかしショウが生きていることがわかり、焔人になってしまった母親も、どこかでまだ存在していることがわかったので、二人を助け出すためにシンラは再び動き始めます。

二人を救出するためには、アドラバーストや伝導者の謎を解き、白装束たちによる大災害をやめさせることが必要不可欠です。

炎炎ノ消防隊|森羅(シンラ)の能力や技と強さ

シンラは第何世代?

シンラは発火能力のある第三世代と思われていましたが、アドラバーストを持つ第四世代として覚醒しました

アドラバーストとは穢れなき炎ともいわれ、異界“アドラ”からきた聖なる炎です。生き物の生きるためのエネルギーであると同時に、全てを焼き尽くす破壊の炎でもあります。

アドラとつながることによって、第三世代の中に稀にこのアドラバーストを持つ者が出現すると言われています。

シンラはアドラバーストを持っているがために、白装束の伝導者一味に追われることとなります。白装束の一味は伝導者を太陽神として信仰する集団であり、アドラバーストを持つ者を人柱とし、大災害を起こして地球を焼き尽くそうとしている人たちです。

シンラの能力(技)と強さ

シンラの能力はまだまだ発展途上ですが、もともと体内に蓄えられている炎の量が多く、アドラバーストの持ち主であることから、最終的にはバーンズや紅丸と同じぐらいの強さまで成長するだろうと思われます!!

シンラの能力には、以下のようなものがあります。

1つ目:足の炎で空を飛ぶ

足から炎が出せるシンラは空中戦が得意です。空から焔人の位置を把握したり、空路を使っていち早く火災現場に駆けつけることができます。

空を飛ぶ見た目はロケットのようです。

また、シンラにとって足場は地面だけではありません。天井でも壁でも蹴って勢いをつけ、方向転換したり攻撃したりすることができます。

2つ目:炎の力でキックを加速する

シンラはキックこそがヒーローの必殺技と考えており、積極的にキックを用います。シンラのキックは炎の力で加速されているため、相手に大きなダメージを与えることができます。

3つ目:ラピッドマンキック(虎ひしぎ)

瞬間移動(通常のラピッド)

手の型によって炎を一方向に絞って噴射することで、爆発な推進力を生み出す技です。

原告の古武術では、気の流れを手の型によって操作していました。シンラが使っているのは“虎ひしぎ”という足の力を増すための型です。親指を軽く曲げ、その根元に人差し指をくっつけます。

もともと火力が人より強かったシンラは、この手の型で炎の噴射をコントロールできるようになったことで、瞬間移動並みのスピード力を身につけました。

時空移動(ラピッド+アドラリンク)

さらに、アドラバーストの4人目(柱)として伝導者とアドラリンクすると能力がより強力になり、光速をも超えた移動ができるようになります。

体は粒子化し、さらにもっと加速すると時間が巻き戻って体が元に戻ります。速すぎるのと、粒子化してバラバラになっているのとで、相手はシンラの姿が消えた(時間が止まった)かのように感じる技です。仮に時空移動としていますが、この技には現時点で名前はついていません。

リヒトによると森羅はこの技を1回行う度に1度死んでおり、早すぎて時間が戻ることで何事もないように見えているだけだといいます。さらに、この技を使いすぎるとブラックホールが発生するとも解説していました。

4つ目:コルナ(悪魔の型)

爆発的な火力を一気に相手にぶつける、手の型を使ったシンラの必殺技です。

シンラの足から放出される炎の塊は、黒い悪魔の形をしており、相手に食らいつくかのように襲い掛かります。

手を悪魔のような型にすることで繰り出しますが、この手の型は第8の桜備大隊長に教えてもらったものです。高くつき上げた人差し指と小指が悪魔の角のように見えます。

もとは音楽のロックンロールを好む人たちがよくやる手の型でしたが、心が折れそうなときに負けないように、気持ちを奮い立たせる意味がこもった型なのだそうです。

まとめ

アドラバーストによって覚醒したシンラは、ヒーローになるべく辛い過去とも戦う少年でした。

シンラを苦しめてきた火事の謎が、少しずつ明らかになってきています。シンラは無事に弟や母親と再会し、世界を大災害から守ることはできるのでしょうか。

どんどん技を身につけ、パワーアップしていくシンラから目が離せませんね。

  • 森羅(シンラ)は第8特殊消防隊所属の消防官
  • 森羅(シンラ)はアドラバーストを持つ第四世代
  • 森羅(シンラ)は弟と母親の行方を探している

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。