TVアニメ

【デカダンス8話感想考察】工場襲撃の結末予想!ミナトの素体集めの目的は何?今後の伏線?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

素体の回収が完了し、ナツメも相棒を引き受けることを了承!これでガドル工場襲撃へ向けての準備は万端!!と思われましたが、web公開された次回予告によると、全てがそう順調に進むわけではないようです。

カブラギの冷たい目、ナツメの不安そうな表情……師弟からバディへと進化したナツメとカブラギの初めてのミッションで、一体何が起こるのでしょう。

そして裏切り者はやはりターキー!そうなるとサルコジはどうなってしまうのか……。

有能なジルのサポートや成長したナツメなど、頼もしい仲間の力を持ってしてもガドル工場襲撃は最高難易度のミッションになりそうな予感です。

そこで今回は、次回いよいよ決行となる「ガドル工場襲撃」の結末について予想していきたいと思います!

  • ガドル工場襲撃について考察
  • ミナトの素体収集の理由は?
  • 工場襲撃は成功する?

 

【デカダンス8話感想考察】ガドル工場襲撃についておさらい&考察!

まずはガドル工場襲撃作戦について、今回明かされた内容を振り返りながら考察していきましょう。

潜入できるのはカブラギとナツメだけ。パイプは?

ガドル工場は「チップに反応する見えないフィールド」による厳重な警備で守られていて、近づいただけでもギアは即ログアウト、タンカーに至っては「処理」されてしまうという鉄壁の要塞だということです。

ここで活きてくるのが、チップを持たない「バグ」の存在!

今回はアカウントを剥奪されたことでチップが機能しなくなったカブラギの素体を使って、同じくチップが機能していないナツメと共にシステムの穴を潜って潜入する作戦です。

同じくバグであり、工場とも因縁があると予想されるパイプも参戦必至かと思われますが、予告の時点ではパイプが同行しているかは不明です。

以前迷子になった際にミナトがパイプの位置情報を把握していたことから、何しかのチップが入っていることは間違いないと思われますが、その設定も伏線として今回活かされるのでしょうか。いじめられていた白いガドルとの関係も気になります!

ナツメは世界の秘密に触れてしまうのか?

カブラギの頼りにされ、世界を救うための戦いが始まったことに意気揚々としている様子のナツメでしたが、ガドル工場はギアが管理し、ガドルを人工的に生み出すという「生命を弄ぶ」かのような残酷な施設です。

自分達を守ってくれていたはずのギアが諸悪の根源だったこと、ガドルは実は哀れな人工生命だったこと、ガドルとデカダンスが作られた理由……工場に潜入するということは、嫌でも世界の秘密に大なり小なり触れてしまうことになるでしょう。

ナツメは自身の理解の範疇を大きく超える秘密を受け止めることができるのでしょうか。

そしてカブラギは、そんなナツメを支えながらフギンとムニン、そして大量のゲーム警察を相手に戦うことができるのか……!?不安が高まります。

サルコジは裏切る?

予告ではターキーの裏切りによって工場にフギンとムニンが待ち構えている、とのことでしたが、ターキーにカブラギを裏切るよう唆されていたサルコジはどうしたのでしょう。

そのまま敵になってしまうのか、それともターキーの裏切りをカブラギに伝えて、ゲーム警察の魔の手を回避する手伝いをする流れとなるのか!?

実はヒーロー願望があるなど、第8話ではその内面にも触れられていたサルコジ。このまま裏切り者で終わってしまうことはない、と信じたいところです。

 

【デカダンス8話感想考察】ミナトの素体集めは今後の伏線?

そして第8話で明かされた衝撃の秘密が、ミナトの素体コレクションの存在です。

カブラギだけでなく、ドナテロ達にまで「やってる」と断言されるミナト。何もそんなところまで信頼されていなくても……っ!!

しかし、素体集めがミナトのただの趣味なのか、何か目的があるのかは不明です。とはいえ、フギンとムニンが乗りこんで来るほどの違反行為であることから、素体がいかに重要なものであるかが伺えます。

素体は複数体所持

ミナトがジルにカマをかけられて思わずデータをチェックしていた際、モニターには複数体のIDが映し出されていました。このことから、ミナトは今回取り返したカブラギの素体以外にも素体を所持している可能性が高いと考えられます。

素体収集の理由は?

何か目的がある?

戦いに斃れた戦士を集めるというシチュエーションは、来るべき巨人との戦いのために戦士の魂を集める北欧神話を思わせます。

フギンとムニンが北欧神話に由来していると思われることから、今回のミナトの突飛すぎる行動も北欧神話がベースになっていてもおかしくはありません。そうなると、ミナトはオーディンと共に巨人と戦う戦士の魂を集める、ワルキューレの役割を担っているということになるのでしょうか。

そして「巨人」がガドルを指すなら、ミナトはミナトなりにガドル殲滅の機会を狙っており、協力者に足る素体を集めている可能性もあります。

カブラギ好きを拗らせている?

カブラギ本人まで知っているカブラギオタクのミナト。そこまで言い切れるということは、素体が保管されていることを知っている=昔からやっている、ということなのではないでしょうか。

カブラギがいかに優秀なランカーであったとしても一度も死なずにそこまで上り詰めた可能性は低く、何度か素体を変えている可能性が高いと思われます。

ミナトがそれらを全て保管しているのだとしたら、充分「コレクション」と呼べる数に達しているのではないでしょうか。

その場合、ランカー時代のカブラギ素体もどこかで眠っている可能性が高そうです。

今後、他の素体が登場する可能性は?

自らの立場とカブラギへの想いの狭間で揺れるミナトが今後どのように物語に関わるかはまだ不明です。

しかし、ミナトが敵に回るなら現カブラギVSランカーカブラギのバトルが見られる可能性がありますし、ミナトが味方についてくれるなら集めた素体=チップがない素体を総動員して加勢してくれる可能性がそれぞれ考えられます!

どちらもアツい展開になりそうですが、やりここはナツメとフェイが和解したように、カブラギとミナトも和解し、それによってサイボーグが1つに纏まる未来を期待してしまいますね。

 

【デカダンス8話感想考察】ガドル工場襲撃の結末について予想!

そして今回のガドル工場襲撃の結末についてですが、襲撃成功=ガドル工場破壊とまではいかないのではないかと予想しています。

フギンやムニンによる妨害ももちろんですが、カブラギとミナトとの確執、ナツメと世界の秘密、そしてガドルとオキソンの関係など問題が山積みで、ガドル工場を潰せばハッピーエンド♪という単純な話ではないというのが大きな理由です。

しかし、この襲撃がラストに向けての最後のターニングポイントになることは確実だと思われます。

そしてここ2話で「変化を恐れず先へ進む」ことの大切さと難しさが丁寧に描かれてきたことから、今後は現状に甘えるだけの退廃的な空気からの脱却が描かれることになりそうです。

そして工場と矯正施設の直接の行き来が不可能な以上、今回の作戦でナツメがサイボーグ体のカブラギと出会う可能性は低そうですが、今後ナツメがサイボーグの存在を知り、「世界の秘密」ごと受け入れ、再スタートが切れるかどうか、もテーマになっていきそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか。もうエンディングの気配が感じられるようになってきましたが、まだまだあと4話分ほど物語は残っています。

その中で、折り重なった世界の秘密が丁寧に紐解かれ、地上に生きる全ての生き物に明るい未来が用意されていることを願わずにはいられません!

  • ミナトの素体集めは今後の鍵となるかも
  • ガドル工場襲撃が成功したとしても、問題は解決しない可能性が大

まずは次回のガドル工場襲撃ミッションの行方がどうなるか、不安と期待と共に待ちたいと思います!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。