TVアニメ

【デカダンス5話感想考察解説】カブラギは今後どうなる?新ステージの正体は用意されていた舞台?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

作画・アクション・ストーリー、どこを取っても神回!!とネットで話題のデカダンス5話。もうすぐ最終回か……と思わせる怒涛の展開でしたが、なんとまだやっと折り返し地点なのだから驚きです!!

ひとつひとつのエピソードは想定の範囲内でしたが、まさかそれらを全部まとめて詰め込んでくるとは思いませんでした。来週からは一体どうなってしまうのでしょう!?

今回はそんな第5話を振り返りながら、カブラギの行く末や新たに登場した世界など、気になったポイントを考察していきたいと思います!

  • カブラギは今後どうなる?
  • 新ステージの正体は用意されていた舞台?

【デカダンス5話感想考察解説】カブラギは今後どうなる?

カブラギ、まさかの退場!?

ナツメを守るのためにリミッターを外してまで敵を倒し、シナリオを改変したカブラギ。鬼神の如き強さでギャラリーを沸かせたものの、フギンとムニンの目は誤魔化せず……ナツメをはじめ全ての「バグ」を肯定しつつも、タブーを犯した罰を受け入れ雪原に散りました。

さすがCV小西克幸さん、思わず息をのむほどの見事な退場っぷりでしたね。しかし、本当にここでカブラギの出番は終了!となってしまうのでしょうか?

撃たれたのはあくまで「素体」

カブラギはサイボーグであり、イケオジの姿はあくまで素体。彼本人の「命」というべき部分はサイボーグ本体に宿っています。

今回ムニンの放ったビーム(?)に撃たれて倒れたのはゲームフィールド上の素体でした。2話で登場したマイキーのようにサイボーグ体に直接攻撃を受けていないことから、ソリッドクエイク社内にあると思われるサイボーグ体は無傷だと考えられます。

また、ゲーム「デカダンス」内で死んでしまっても1からやり直せる、という公式ルールがあるので、サイボーグ体のカブラギは心身共に無事である可能性が高いはずです。

フギンとムニンが素体を攻撃した理由は?

マイキーの時とは違い、わざわざゲームフィールドに来てまで直接カブラギに手を下したフギンとムニン(やっぱりアバターは元ネタの神話の通りカラスでしたね!)。

これは今回カブラギが受けるべき「罰」は「デカダンスからの退場」だったからではないかと思われます。素体を処分=ゲームアカウントの消去といった感覚でしょうか。

つまりカブラギの現状はゲームの趣旨に背いたプレーを行なったため、運営から垢BANを喰らった状態と言い換えることができるのかもしれません。

※垢BAN…webサービス等の利用者が管理会社にアカウントを停止・剥奪されること

何故スクラップ処分にならなかった?

マイキーはリミッターを外す「チート」を使用した罪でスクラップ処分となりましたが、今回彼と同じようにリミッターを外したカブラギは即スクラップ行きとはなりませんでした。

現状で考えられる理由としては、

・マイキーと違いランカーとして参加していなかったから

・リミッター解除の件はフギンとムニンにバレていない(あくまでシナリオ改変への罰)

・シナリオ改変が好評に終わったため、今後への利用価値を見出された

といったことが挙げられます。

しかし、撃たれた際のやりとりで「自分自身もバグ」と言ってしまったも同然のカブラギ。まだまだ油断はできません!

今後はどうなる?気になる伏線!

サイボーグ体が無事である以上、カブラギがこのまま退場することは考えにくいと思われます。やはり元ランカー仲間同様「バグ矯正施設」送りになる可能性が高そうですね。

そうなると気になってくるのが、今回登場したSランクプレーヤー「ドトキン」の存在です。

ドトキンはカブラギの元ランカー仲間「ドナテロ」と、見た目も声も同じなんです!

いくらギアの素体デザインが変更可能とはいえ、Sクラスの腕前やミナトのことを知っているような口ぶりなど、ただの他人の空似とは考えにくいと思われます

彼はバグ矯正施設で教育または洗脳されたドナテロなのか?

はたまた、バグ矯正施設送りになったことで不要となったドナテロの素体が再利用されているのか?その場合、今後、中身が違うカブラギが登場する可能性も!?

どちらにせよ、バグ矯正施設は一癖も二癖もある場所であることに間違いはなさそうです。

【デカダンス5話感想考察解説】新ステージの正体は用意されていた舞台?

そして今回もうひとつの衝撃ポイントが「新ステージの登場」です。

ラスボスを倒し、美しい朝日の中で平和の到来を祝うタンカーたちを嘲笑うかのように、突如現れた緑の大地と大型ガドルの群れ。新ステージの登場にギアは盛り上がっていましたが、果たしてこの世界は本当に「新ステージ」なのでしょうか。

「新ステージ」は用意された舞台?

そもそも今回のイベントはクリア不可能の負けイベントであり、ガドルαの登場以外は全くのイレギュラー展開であったことから、新ステージはあらかじめ用意されていた舞台ではない事は確実です。

新ステージは超大型ガドル ・スターゲートのように未完成の状態で解放されてしまっただけなのか、それとも度重なる想定外の出来事で囲いが壊れて隠していたものが出てきてしまった状態なのか……。

用意されたシナリオが狂ったことにより、いよいよ「世界の秘密」への扉が開きはじめたのかもしれません。

解放された新ステージの正体は?

そして気になる新ステージの正体ですが、現状では2つの可能性が考えられます。

可能性1.ソリッドクエイク社が出していたドームが破れ、元の地球が現れた

まずは今回のイレギュラー展開によって解放条件が達成され、本物の大地が出現した可能性です。

その場合、現れた青空と緑が美しい大地はソリッドクエイク社が発表していた「環境汚染で人が住めなくなった」世界とは大きく異なり、運営が偽情報を広めていた可能性があります。

 

可能性2.運営によりゲームフィールドが急遽上書きされた

次は想定外のラスボス攻略によってエンディングを迎えてしまいかけた世界に、運営が無理やり別ステージを上書きしてゲームを維持した可能性です。

この場合、デカダンスの魅力であったはずの「現実の世界がステージ」という設定そのものが実は嘘だったという可能性も出てきます。

新ステージについては、まだその一端が明かされただけで詳細はこれからです。

それでもナツメはカブラギの語る「世界の姿」が、ただの諦めから来る「大人の説教」ではなかったと気づいたようでした。

しかし時は遅し、頼れる師匠であるカブラギはもういません。今後、ナツメは「世界の秘密」にどう立ち向かうことになるのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?今回は衝撃の多い第5話の中から、特に気になるカブラギの今後と新ステージにスポットを当ててみました。

  • カブラギはサイボーグ体で再登場の可能性大!
  • 現れた世界は「世界の秘密」に大きく関わっている?

バグであるナツメが夢を掴んだ姿に救われ、彼女を助けることでカブラギは「生きている実感」を手に入れることができたのでしょう。しかし、カブラギの喪失も世界の秘密も、今後ナツメ1人で抱えるにはあまりにも大きすぎます。

シナリオが狂ったことで綻び始めた世界に、ナツメやパイプ、そしてカブラギという「世界に必要」なバグがどのように影響していくのか。今後もますます目が離せませんね!


公式インタビューによると、来週はサイボーグがメインの話になるということ!カブラギの無事を信じて第6話を待ちたいと思います!!

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。