TVアニメ

【デカダンス4話感想解説】イベントでランカー時代の仲間復活?クリア不可能にする理由は?

ソリッドクエイク社が満を持して発表した史上最大クラスの新イベント「ガドルノ巣・討伐作戦 ネスト攻略 極寒ノ雪上戦」

第4話、そして次回第5話の鍵となる大規模イベントの開催です!

この発表を聞いて無邪気に新イベントの開催を喜ぶサイボーグ達と、このミッションを「最後の戦い」と信じて命を懸ける決意を固めたタンカーの戦士達。この世界の真実を知る者と知らない者で、同じ戦いに挑むとは思えない残酷な対比が描かれました。

今回はそんな最高難易度の超大型イベントの内容や結果について、ランカー時代の仲間復活?クリア不可能にする理由は?などなど、様々な角度から予想&考察していきたいと思います!

  • イベント内容は?
  • クリア不可にする理由は?
  • ランカー仲間の復活はある?

 

【デカダンス4話感想解説】過去最大級討伐イベント!その内容は?

イベント概要

ミナト司令主演のPV(?)で発表されたイベント内容はこちら!

・イベント規模はデカダンス史上最大級

・雪上戦の舞台は霧に覆われたエベレスト

・クリア条件は山頂にあるガドルの巣(ネスト)の制圧

デカダンス史上最大級、ガドルの巣、というキーワードから、相当な数のガドルの出現が予想できます。第3話でナツメが「最近ガドルの襲撃が少ない」と話していたシーンがありましたが、このイベントのために温存されていたのでしょうか?

しかしこれらはあくまで表向き発表。運営側が極秘裏に進めている計画がこちらです。

・イベントはクリア不可能

・配置されるガドルはチート級で、ギアはほぼ全滅する予定

・デカダンスのピンチに、カブラギを含む元上位ランカーが電撃復活する

まさかの負けイベント&出来レース!!ランカー復活の前振りとしてもあまり趣味が良い展開とは言えないような気がしますが、サイボーグにはこういうストーリーの方がウケるのでしょうか?

過去にも過激なイベントが行われていた?

ナツメのイベント参戦を止めるために説得に訪れたカブラギが、ガドルの巣は何度も見つかっている、と言うシーンがありましたが、これは過去のイベントを指している可能性が大だと思われます。

過去にもガドルの巣を見つけて制圧、というイベントが行われているのだとしたら、今回は規模が大きい・初の雪上戦ということが売りで「ガドルの巣」の攻略は定番イベントである可能性が高そうです。だからこそ、ユーザー向けにどんどん内容を過激化していく必要があるのでしょう。

ナツメの父親の回想に登場した「壊れた移動要塞」も、イベントの過激化に伴い無茶をした結果壊れてしまった、という可能性がありますね。

【デカダンス4話感想解説】討伐イベントをクリア不可能にする理由は?

「刺激」を求めるサイボーグ達

ゲーム「デカダンス」のキャッチコピーにある「本物の死」という言葉に<刺激>とルビが振ってあったように、とにかく刺激に飢えたサイボーグ達。今回のイベントでも、未体験の「寒さ」という感覚を体験できるとはしゃぐサイボーグの姿が見られました。

とはいえ、今回のイベントではレベルの低いギアは全員ゲームオーバーとなり、高レベルであっても敵ガドルを倒すことは不可能という仕様です。

いくら過激な方がサイボーグ達には受けが良いと言っても、頑張って育てたキャラで必死に戦ったのに負け確定イベントだった、というのは、さすがのサイボーグでもクソゲー認定待ったなし、とならないものでしょうか。

ユーザー≠プレーヤー?

そこで考えられるのが、デカダンスには観客に向けたショウ的な側面もあるという仮説です。

今回の「デカダンスの危機に伝説の戦士復活!」というシナリオは、あまりにも「観客目線」で作られているように感じられます。そしてミナトが「プレーヤー受け」ではなく「ユーザー受け」と言ったことから、プレーヤーの他にもゲームを観戦して楽しむ観客ポジションのユーザーが存在していると考えることもできます。

そうなると、タンカーだけでなくサイボーグまでもが「娯楽」の一部ということになりますね。デカダンスのシステムを掌握し、全てを俯瞰で楽しむ「上位存在」はやはり存在するのでしょうか!?

【デカダンス4話感想解説】討伐イベントでランカー時代の仲間復活?結果を予想!

ここからは気になるイベント結果を予想していきたいと思います!

運営が立てた筋道は、「ガドルα」と呼ばれるチート級ガドルに大多数のギアが倒され、絶望の淵に立たされたデカダンスに「伝説の戦士」が戻ってくる、というものですが、果たしてどうなるでしょう。

シナリオ通りにイベントが進み、ランカー時代の仲間が復活!?

カブラギは最近の戦い振りと過去の実績から「伝説の戦士」の1人に選出されたようですが、そうなると気になるのは「バグ矯正施設」送りになったカブラギの元仲間達です。

彼らは公式HPにキャラクター紹介ページがあることから、再登場の可能性は大!カブラギと同時復活して今後のストーリーに参戦する流れは十分あり得る展開です。

しかし気になるのは公式HPのキャラクター説明。カブラギのように「もう十分罪を償った」と言われるような行いとは縁がなさそうな経歴が並んでいるので、彼らが公式お墨付きの「伝説の戦士」として復活できるかと考えると、ちょっと微妙かもしれません。

シナリオぶち壊し!カブラギが待機命令を無視!?

止めたはずのナツメがイベント参戦しようとしている姿を見つけて動揺していたカブラギ。果たしてどう動くのか……と思っていたら、次回予告で思いっきりイベントに参戦している姿が公開されていました!

やっぱりナツメを放ってはおけなかったんですね、カブさま!!

しかしバグであるナツメの存在とカブラギの戦闘能力が合わさるとなると、攻略不可のはずのガドルαが倒されてしまう可能性が見えてきてしまいます。

そうなると運営が用意したシナリオは破綻し、カブラギも今度こそバグ認定は免れないでしょう。

カブラギ、ペナルティでバグ矯正施設送り→既に収容済のランカー仲間と再会、という流れからのランカー仲間復活コースもありそうです!

まとめ

今回のイベントはナツメ視点で見るかカブラギ視点で見るかで全然見え方が違い、面白いと同時に少し恐ろしく感じました。まさに「住む世界が違う」2人の物語は今後どう進むのでしょうか!?

  • クリア不可の負けイベントを楽しむ存在がいる?
  • ランカー仲間の復活は可能性大!でも伝説の戦士ではなさそう

このイベントでの注目ポイントは「バグ」であるナツメがいかに運営の予定調和を乱せるかだと思いますみんな、頼むから死なないで!!(切実)

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ・声優グランプリ
ファミ通・コスプレイモードetc...

/ 約450雑誌が月額380(税抜)で読み放題! \
 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。