TVアニメ

小五郎はBARにいるの結末(後編)ネタバレと伏線考察!【名探偵コナンアニメ】

小五郎はBARにいる。どこかで聞いたことあるタイトルですよね。笑

そう、「探偵はBARにいる」!その似たタイトルの通り、内容も「探偵はBARにいる」のオマージュのようになっています!

「小五郎はBARにいる」というタイトルなだけあり、冒頭から小五郎の自分語りがはじまります。笑

今回は、そんな名探偵コナンアニメ、小五郎はBARにいるの結末(後編)ネタバレと、伏線考察をしていきたいと思います!

 

小五郎はBARにいる前篇の簡単なネタバレあらすじ

ネタバレ①前篇のあらすじ

バーテンダーの福井柚嬉から「ポンっ」とシャンパンのコルクを外したような音と柚子のような妙な匂いの真相を探ってほしいと依頼された小五郎。

Barでその話を聞いている時、お客さんの一人薄田が窒息死する事件が起こります。(いつものようにちょうど良いタイミングです。笑)

しかも、毒を塗った尖ったもので首を刺されたことが原因のよう。

そこで容疑者として上がったのが一緒に薄田の誕生日を祝っていた会社の部下の3人実夏、初村、小暮です。

3人が部長に買わされたという誕生日プレゼントのアイドルポスターから柚子のような匂いがしていてかなり怪しいのですが…犯人は一体誰なんでしょうか?

ちなみに、実夏はアイドルポスター(3万)、初村はビリヤードのキュー(10万)、小暮はケース付きダーツの矢(6万)。

上司に買うにしては高すぎですよね。ちょっとパワハラ臭が…。そしてこの全篇の結末は、小五郎の自分語りで締めくくられました。笑

ネタバレ②3人の動機は?

誕生日プレゼントに恨み節だった3人。その時点で十分動機がありそうな匂いがプンプン…!

しかしさらに、亡くなった薄田は、同じ会社の吉桑という人物をバカにしており、その吉桑は自分で命をたっていることが判明します。

そして吉桑は、実夏にとっては恋人初村にとっては大学の後輩。小暮にとっては同期。

動機は充分。誰が犯人でもおかしくなさそうですね。

小五郎はBARにいるの結末(後編)ネタバレ

ネタバレ①犯人は誰?

まず最初に犯人をお伝えすると、犯人は木暮です。

アイスピックを使用して部長にお酒を作っていたり、吉桑の恋人でもあった実夏が動機的にも行動的にも一番怪しいのですが、違いました。

犯行動機はやはり「吉桑」のことがきっかけ。薄田からひどいパワハラを受けて自ら命を断ってしまった吉桑の敵討ちだったようです。

家族や恋人ならまだしも、同期の敵討ちをするって結構すごい…。

ネタバレ②犯行のトリックは?

犯行は、薄田が酔いつぶれ机に突っ伏した時に、上着をかけるふりをしてハードダーツの矢を首に刺したというもの。取り外しができるダーツの針に毒を仕掛けていたんですね。

でも、それぞれが買わされた誕生日プレゼント
・実夏はアイドルポスター(3万)
・初村はビリヤードのキュー(10万)
・小暮はケース付きダーツの矢(6万)
は、警察が調べた時には毒の塗られた形跡も血液反応もありませんでした。

 

じゃぁどうやって毒を?って感じですが、トリックの真相がわかるまでの証拠はこんな感じです。

事件直後の天井にはモールのキレ端がありました。そして小五郎の靴底にはガムのようなものがあることをコナンは発見します。

そのガムのようなものには、「EPDF」という文字が押されている形となっていたのですが、写し取った文字ではないか(文字は逆さから読むのではないか)ということで

EPDF=HDPE=高密度ポリエチレン

と考察したコナン。そこから、以下のような推理へとたどり着きます。

アナログカメラのフィルムケースの中に水を1/3程度入れる→発砲入浴剤を角砂糖より少し大きいくらいに砕いて入れる→ケースの蓋を締める→蓋がしたになるように置く。

するとフィルムケースがあの謎の「ポンっ」とした音を出して天井にぶつかります。

薄田への犯行に及んだ後このトリックを利用して、ハードダーツの針を天井に刺し証拠隠滅したようです。

このトリックを木暮が何度か試し調整していたのを、バーテンダーの福井柚嬉が聞いたわけですね。

 

しかも、フィルムケースの先に粘土をつけて針を固定。ポスターが筒になっているのを利用してそれを立て、トリックを隠す&天井に確実に刺さるためのガイドにしていました。

・HDPE(高密度ポリエチレン)=フィルムケースの底
・小五郎の靴についたガム=フィルムケースの先につけた粘土
・ポスターが柚子の香り=トリックに使用したから&柚子の香りは入浴剤

ということですね。さすがコナン。すごい連想ゲームです笑

でも、天井にめちゃくちゃ物的証拠刺さってますよね?良いのか?笑

 

小五郎はBARにいるのネタバレ伏線考察【名探偵コナンアニメ】

小五郎はBARにいるの伏線は?

ここからは、本編に関わってくる伏線を考察していきます!

小五郎はBARにいるの話の途中、目黒警部が「凶器がないからこの前のスリ事件と一緒だ」と話します。

この前のスリ事件というのはジョディ先生とコナンがその場に居合わせたサクラの花見で起こったスリ事件。

すると高木刑事が思い出したように「あの事」をジョディに話したか目黒警部にたずねたのですが、あの事というのは

・弁崎桐平(ジョディ先生と一緒に人質になった男性)がおかしい
・ジョディの証言によると「弁崎の奥さんに口や目を塞がれた」
・強盗の証言では「塞がせる役は一人身の人間にやらせていた」
・事件後弁崎に連絡すると「事件を知らない」「独身だ」と証言

という事が小五郎はBARにいるの後編、結末あたりで判明します。

そしてそれを聞いたコナンがなぜかバーボンとベルモットを浮かべて焦って走り出すというものですが…

実は弁崎桐平=バーボン(安室透)だと気づいたからです。

伏線考察①コナンが焦った理由

コナンがなぜ弁崎桐平=バーボン(安室透)だと気づいて焦ったのでしょうか?

実はサクラの花見で起こったスリ事件。あの時コナンはジョディ先生とある会話をしています。

その会話というのが「赤井秀一に関する会話」。

その事を聞かれ、赤井秀一の情報が黒の組織に渡ってしまったかもと思ったからではないかと考察できます。

伏線考察②バーボンが弁崎になった狙い

では、バーボンが弁崎になっていた狙いはなんだったのでしょうか?実はコナンが焦っていた「赤井秀一に関する会話」これこそがバーボンの狙いです。

「赤井秀一は生きているんじゃないか?」とまだ疑っているバーボンがジョディ先生に近づき、その証拠を集めていたんですよね。そうとも知らずコナンとジョディ先生は赤井秀一の事を話していたんです。

 

そして焦ったコナンは走り出すのですが…「途中でわざと自分たちの存在をアピールしているのでは?隙を見せて出方を伺っている・罠なのでは?」と思い直し灰原と連絡して落ち着きを取り戻します。

この時バーボンはコナンを監視。コナンが思い直した通り、コナンにあえて隙を見せて出方を伺っていたわけですね。

まとめ

今回は、小五郎はBARにいるの結末(後編)ネタバレあらすじ感想と伏線考察をしました。

今回は小五郎がかなり面白いんですが、ネタバレあらすじ感想では伝えきれないのがもどかしい…!

あと、ちょっとトリックの粗が気になった回でした。笑